経済・政治・国際

英国大使館

http://ukinjapan.fco.gov.uk/ja/about-uk/people-politics/laws-political-system/the-royal-family
間違いなくGOV.UKドメイン。OKここは英国大使館のページ。

歴史

英国にはこれまに多種多彩な君主がおりました。有名な英国の国王や女王としては、次の人たちが挙げられます。

  • ヘンリー八世(六回結婚し、英国からローマカトリック教を追放しました。)
  • エリザベス一世(ヘンリー八世の娘で、未婚のまま45年間統治し、メアリースチュアートの死刑執行令状に署名しました。)
  • チャールズ一世(ピューリタン革命後に斬首されました。)
  • ビクトリア女王(英国ならびに大英帝国に64年間にわたって君臨しました。)
  • エドワード八世(王位に就く前に退位しました。)

よりによってこんなラインナップにしなくても……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黄金柏葉剣付ダイヤモンド騎士鉄十字勲章

時々取り上げたハンス・ウルリッヒ・ルーデルである。もう耳タコだが彼の戦績は

出撃回数2530回
戦車519台破壊
装甲車・トラック800台以上破壊
火砲(100mm口径以上)150門以上破壊
戦艦1隻撃沈
巡洋艦1隻撃沈
駆逐艦1隻撃沈
上陸用舟艇70隻以上撃沈
戦闘機2機撃墜
爆撃機5機撃墜
その他航空機2機撃墜

である。最近自伝の「急降下爆撃」を読み始めた。出かけるときにしか読まないので遅々として進まない。読んでみて知ったがモスクワ攻略ごろに結婚している(Wikipediaだと戦後結婚していることになっている)。モスクワ攻略といったら1941年ごろということだ。生まれは1916年。即ち25歳。
戦後しばらくしてと考えても三十ちょいだろう。
問題は嫁の年齢が20歳以上下だということである。モスクワ攻略当時だったら幼児だ。戦後しばくしてからと考えても……
誰か自分の疑問を解消してほしい。ルーデル様はろりこんだったのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界の艦船を読む

今月号まだ読んでなかったと思って開いてどびっくり
裏表紙の広告がタレス社ではないか。

オランダの船体設計とか火器管制システムの会社だ。当然だが日本の得意分野、というか日本が兵器輸出しないので大いに助かっているクチだ。ちなみに韓国のイージスの船体が確かタレス社設計である。

そりゃいいんだが、雑誌に広告を載せてどうなるというのだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トラックバックが来る

ご覧の通り当ブログへのトラックバックはほとんど宣伝ばかりだ。もちろん他に大量のえろトラックバックも貰っておりこれは逐次削除している。

しかしながら商売のためなら委細構わぬのが広告の基本で、今回はポレオットの記事に「セイコー専門店」のトラックバックが付いていた。セイコー専門店というからにはTIMEKEEPER20型(明治時代)やモリス型(昭和10年生産終了だったか)、ナルダン型などが満開に違いない。……と思ったが腕時計専門か。ならばきっとローレル初代(持ってるけどね)やスーペリアツインクォーツなどレア機種が満載で超特価に違いない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イエローナイフの日(2)

まあSuicaのペンギンに比べると可愛さでは微妙だがイエローナイフ、もといikokaもなかなかだと思う。いいかげんにしてほしいのは東海である。新幹線で収益取れているからといって客を嘗めすぎだ。東海道新幹線は東海から取り上げて四国あたりにくれてやるべきではないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夢を見た

悪夢といってよかろう。大学入試の夢だった。
歴史の試験問題の当該ページは、事変等を対象としていた。「戦闘艦○○(浪速か摂津だったと思う)の公試に座乗した人物を何人あげよ、その各人の当該艦に対する意見を記せ」……そんなもん江川達也だって覚えてないわ。そんなノリの問題用紙が一センチほどもあった。ああ、オレは文系は無理だ、ここには受からないと思った所で目が覚めた。

我は理系技術者の息子として生まれ、あたかも能・舞踊家の息子がその家を継ぐがごとく、当然理系に進むものとして育てられた。正直言って大学試験はあまり苦労していない。物理、数学は、「これは人を殺すためのものだ」と気づいた瞬間俄然魅力的なものとなった。
中学・高校レベルの微分・積分は、速度の変化とともに変わる抵抗などを検討するために必要となる。気象が唐突に出てくるのはもちろん軍事的要素もあるが、装薬によるエネルギーを理解するためだ。実際かくかくしかじかの爆発力の火薬を用いると砲口初速はいくつとなり空気抵抗はこうモデリングできるとすると相手に直撃させるにはこの装薬で砲角度いくつで撃てばよいか、という試験問題を見たことがある。ちなみに東大だった。化学は高校レベルでも炸薬、毒ガス、湿布薬、飛行船……さまざまな効能を教えてくれる。主にニトロ基がついたものばかり得意としたのは若気の至りだ。
英語はエロ本と航空機の専門書を理解するために辞書を引きまくった。親は「英語の本」を買うためなら金を出してくれた。それがAerofax minigraphやサラマンダーブックスだったのは黙認してくれた。この知識はいろいろな意味で血肉となった。

文系科目は苦手だと思っていたが、今となって思えば歴史がつまらない筈がなかったのだ。歴史の劣化コピーであるガンダムやトップをねらえ!の年表がかくも面白いのだから。英国人の悪辣さ、血塗れのフランス革命など、「楽しめ」たはずなのだ。国語は不得意ではなかったが、漢文にレ点をつけよ、といったものは苦手だった。英語と同じ回路で処理していたのだ。大体漢文なら孫子をやるべきだ。あれはべらぼうに面白い。国力の蓄積も軍備もなくただ好戦的である国は滅ぶ、などという言葉はかつての我が国民、そして昨今の近隣諸国は噛みしめるべきだろう。示威で戦わずに済めばそれに越したことはない、といった話から、火攻めはかく行うべし、渡河はこうすべし、情報収集・スパイ活動はかく行うべしと当時の先端知識が手に入る。これこそが過去に学ぶという行為ではないか。恐らく古文でも同じようなものがあるに違いない。クソ退屈な女官の日記ブログみたいなものばかり読ませやがって。

要するに結論はこういうことだ。
今中学高校で勉強している諸君、その授業が退屈であれば、それは中核をぼかされているからだ。授業の体系自体は戦前から変わっていないのだからな。
君が今学んでいる内容は、基本的に殺人と征服支配のためにある。
そう思えば勉学も楽しみだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

学校がカルトのアジトになっている、という話

いや実際カルトもカルトうちの大学もオウムやら(研究室にオウムのパンフレットをもらってきた勇者がいた……もちろんギャグで)、中核派やらキリスト教やらピースボートやらで一杯であったわけだが。大学としても自治に対してどこまで介入するかで苦労しているらしい。学校が自由な言論の砦となるべき使命と「基本的に学生はバカである。特に一生懸命勉強する学生はバカである」という現実、そして現にカルトの青田刈り場と化しているという事実の間で困惑しているようだ。下宿当時、勧誘がちょくちょく来たものだ。

興味深いのはこうした連中が基礎資料を読んでいないという事実である。たとえばオウムはキリスト教の預言者の再来と自称した。が、聖書には「預言者を自称する奴はウソツキだからついてっちゃダメ」ときっちり書いてあるわけだ。うちによく来た宗教のあんちゃんは「聖書(この場合新約聖書)は複数の人々が持ち寄りで書いたのに矛盾が一切ない」と言った。
実際読んでみると確かに概ね合ってるのだが、イスカリオテのユダの記述は明らかに違う。片方の記述だと会計をちょろまかしていて切羽詰まったことになっており、別ページでは心に悪魔が入ったことになっている。たぶん前者なんだろうが(人間って変わらないなあ)後者のほうがカッコイイ。が、とりあえずこの布教者は聖書を読んでないことは分かった。問題は彼が大学院生だったということだ。なぜトップクラスのエリートであるはずの彼が検証を行わなかったのか。
だからこそ宗教は麻薬なのかもしれぬ。

まあ共産主義・社会主義も普通に読んだら「これはあかんのう」と思うけどね……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無防備マン移転

いささか旧聞に属する話題であるが無防備マンが移転である。
自治体レベルの無防備都市宣言が無効である(国家組織が崩壊し自治体のみがかろうじて社会的体制を保っている時のみ発効可能)わけだが、こう運動が派手だと(あちこちの自治体で議案として提出されている)どっかでうっかり宣言するオッチョコチョイも出かねぬ。しかしながら当該宣言、国軍組織を全部おっぽり出さなければいかんので自衛隊関係組織全部撤去しなければならない。地震とかきたらどうする気だろう。
もっとも心配するには及ばない。
日本国憲法は「国際紛争を解決する手段としては」戦争を禁じている。
要するに自衛隊が当該地域を占拠しちまえばいいのである。無防備都市は当然反撃はしないのであろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自衛隊の「宇宙利用可能」、自民・宇宙基本法案が明記

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060531-00000206-yom-soci

「航空宇宙自衛隊」だろうそこは当然
軍属は「軌道傭兵」で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やるなあ無防備マン

無防備マンは各種コラ漫画などを著作権法違反と消させているらしい。
が、実は本人はひとの絵本をまるごと載せていたりする。

http://muboubi-net.com/manga/archives/97/index.html

原作者は知らなかったそーだ。なんでジュゴンかというと基地移転用地がジュゴンの棲息地であるかららしい。
というかどうせ「無防備な」海生生物の心配をするならステラー海牛物語かゾウガメ物語でもやったほうがいいような気がする。ペンギン(初代)もナー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧