オーディオ・ビジュアル

戦闘妖精少女たすけて×メイヴちゃんをみる

戦闘妖精少女たすけて×メイヴちゃんをみる
なんや、こりゃ。
見るところはスーパーシルフのンモロ位じゃないか。
代替年都市を一個シミュレートできるメイヴ雪風が一番バカなのはどういうわけだ。
ファーンなんて同士討ちばっかやってたやんか\
あと出してもらえなかったフリップニト、F-3、バートルータン風のでかいのはどうなったやら。、

| | コメント (1) | トラックバック (0)

雑誌Stereoのオマケを買う

Amp

雑誌Stereoの1月号にラックスマン謹製のデジタルアンプが付いてきます。セレクターやトーンコントロールは無く、ていうか箱が無く(w、5W+5Wという小出力ですが、2,800円で雑誌がおまけについてくる(ラックスマンロゴの付いたACアダプタも付いてくる)と思うとすごいコストパフォーマンスです。
デジタルアンプらしく音はかなり良く、スピーカーに使ったヤマハNS-10MM(オクで6800円)が足を引っ張っています。改造で音をより良くできるようですがスピーカーをよくしないと無意味なのでやめました。
しかし雑誌本紙の内容は暗澹たるものがありました。DQNカー雑誌のような広告とその間に埋まるメーカー広報垂れ流しの評価とお猿の猿山競争のような「ランキング」「アワード」。こりゃオーディオ業界低迷するわけだ、と思ったのでした。
アンプはスピーカーごとおかんに取られました。写真はおかんのPCです。デジカメで三味線講座を録画してべんべんべんべん弾いてます。うるさいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

M-Audio CO3

Co3

ご心配おかけしていた脊椎炎はおかげさまで回復基調ですがちょっと身動きするたびにバキンバキン音がします。首の骨の変形を下手に圧迫したら神経ギロチンで半身不随だよと脅されているだけにおっかない。
まあ先日まで寝返りも打てなかったのでずっと改善されてはいるのですが、未だ抗生物質漬けではあります。MRSAとか見つかっちゃった。
とかなんとかいって鎮痛剤で痛みごまかしていろいろやってはいます。
ともあれ、自分はかなり前からPCオーディオやってます。かつてはいろいろ工夫しましたが、今はApple iTunesにAirmac Express(以下AME)という芸のない構成です。Windows系で音質悪化の原因となるカーネルミキサーをAppleらしい強引さでバイパスしてくれるため、比較的音がいいとされています。もちろんアナログ出力は使わず、デジタル出力から外付けD/Aコンバータ(DAC)を介してアンプに入れてます。
ここでひとつ問題が。
我が家のDACは奮発して買ったStellavox ST2 96/24。Stellavoxは元々Goldmund社の業務用ブランドだったらしく、入力端子は同軸×2、AES/EBU(業務用の平衡型入力)×1の漢仕様。光入力なんてないんですね。
これは困りました。
なにしろAMEは光デジタル、それもアナログ兼用の丸形端子しかありません。かつて使っていたDACはDENON DA-500G。光入力×3+同軸×2、しかもスルー出力付き。入力が多いのはいいことです。うちにソースはBDプレーヤ、LDプレーヤ、AME、デスクトップPCと4系統あるので、DA-500Gはちょうどいいアイテムでした。アップグレードして入力の少なさに困惑するのでした。特にAES/EBUは事実上死にでした。こんな規格で送信できるプレーヤ持ってません。オーディオテクニカから、光デジタルと同軸を相互変換するAT-HDSL1なる機械が出ているので
http://www.audio-technica.co.jp/products/converter/at-hdsl1.html
これを使っていました。なんともしまらない。しかも入力は実質2系統になるので哀れPCはフロッピィのシーク音がするだけの機械に成り下がりました。
ところが捨てる神あれば拾う神あり、光・同軸デジタルをAES/EBUに変換する機器があることがわかりました。例えばこれとか。
http://www.videoquip.com/products/std/fc-1.html
でも3万円くらいするんです。しかもACアダプターが今時外側プラス。こりゃ輸入しても電源が面倒くさい。で、オクで別な製品を見つけました。
M-Audio CO3。
http://www.core-sound.com/co3/1.php
同軸・光デジタル、AES/EBUの各入力を選択でき、全ての形式で出力することができます。さらにこいつはDAWとかを想定しているようで、SCMS(コピー管理信号)信号を自由に切り換えることができます。つまりMDなどの一回きりコピーをキャンセルして無限コピー可能にできるのです。PCでいくらでもCDデータを吸い上げられる現在、ほぼ無意味な機能ですが。ともあれ開始価格の5000円入れたら落札してしまいました。無事光デジタル信号をAES/EBUに接続することができました。
音は。
かわんないなあ。
まあそりゃそうですよね。バーブラウンPCM2705のオマケのデジタル出力機能を変換してるだけだもん。
まあしかしこれで入力が一つあいたわけで、PCのデジタル出力端子かLDのどちらかを入れることができるようになったわけですが、このあたりで脊椎が力尽きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すかすか

ゴールドムンドもきついけど、これもすごいなあ

http://www.hifido.co.jp/KW/G0108/J/0-10/C09-47168-31381-00/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トリチウムカプセルが欲しいナ

自分大変ものぐさなのでオーディオ視聴でもリスニングポジションから動きたくない。ピュアオーディオでは電源スイッチがリモコン操作できないものが多い……というか、うちのパワーアンプ、Acoustic Reality eAR252は電源スイッチが背面にあり、プリアンプ代わりに使っているCreek OBH22に至っては電源スイッチが無い。
http://www.sagamiaudio.com/PA-CREEK-OBH22.html
まあリモコン付きの集中コンセントを使って電源も含めてリモコン操作できるようにした。音楽鑑賞はほとんどPCに録音した曲を聞くので、電源とボリュームさえリモコン操作できれば映画視聴時以外は満足だ。コンセントの電源とボリュームを学習リモコンに記憶させて一段落した。
しかし部屋の明かりを落として視聴するとリモコンをどっかに無くしてしまう。リモコンに蓄光塗料
http://www.asahipen.jp/product/detail.php?top_cat=04&cat=01&middle_cat=08&item_code=16813
を塗ったが市販のものはすぐ暗くなってしまいいまいちだ。時計用蓄光塗料も買ってみたはいいものの、蓄光物質の粉末とバインダー、それに乳鉢とすりこぎが付いてくるという代物で面倒くさくなってやめた。どうせものぐさでリモコンをどっかに放り込んで光を当て損なったりするのだ。
トリチウムカプセル(放射能で数十年光るカプセル)を貼り付けることも考えたが超小型のカプセルはなかなか見つからない。廃棄された米軍用時計から取るのが一番手っとり早いのかもしれないがさすがにそれは人として……
え、被曝? 気にしない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電線病にはまる

久しぶりの更新であるな。とりあえず相変わらず。
うちは基本的にCDはPCに取り込んで音楽再生している。これは何度か書いた。ていうか何度目だ>儂
使っている環境はサブノートに仕込んだAppleはiTunesから無線ネットワーク経由でオーディオ機器に近接したAirmac Expressに送っている。
Appleは大嫌いだが確かに安上がりでそこそこ音質が良い。Airmac Expressのアナログ音声出力はバーブラウン社のPCM2705と、ぶっちゃけかなりショボいので、光デジタル出力を使ってオーディオ用のD/Aコンバータ(デジタル出力をアナログ音声に変換する機械)に繋ぐ。しかしながらAirmac Expressの光デジタル出力は標準的なTOSLINK端子ではなく、アナログと兼用の3.5ミリタイプだ。ポータブルヘッドフォンのジャックとほぼ同じサイズと考えれば良い。携帯CDプレーヤーなんかでよく使われた形式やんな。

これは困る。
というのは接続するケーブルがほとんど無いのだ。いや3.5ミリからTOSLINKへの変換コネクタは簡単に手に入る。が、せっかく光ファイバーで伝達するのに、レンズとレンズを突き合わせて中継するのはなんとも精神衛生上よろしくない。直接3.5ミリからTOSLINKに変換するケーブルは、富士パーツというところが安い商品を、レクストという店が9.800円の品を作っている。レクストはボッタクリDAC販売した前科があるので避け、富士パーツのケーブルを使っていた。しかし某所で「あの製品は音質が最悪だ」という噂を聞く。光ファイバーで赤色光送るのに音質もヘチマもあるかと理性は思うが感情は理性通りに動かない。

ときにオーディオ業界では電線をとっかえひっかえして音質が変わったと喜ぶ「電線病」という病気が蔓延しているらしい。PADとかヨルマデザインといった会社が有名で、ケーブルが二百万円とかはたから見ているとまごうかたなき狂気の世界である。ケーブルメーカーというのはピンからキリまでアホほどあり、今回欲望に負けてしまったWireworld社はその一つだ。
WireworldというのはこのWireworld社、このたび3.5ミリ→TOSLINKの中級ケーブル(一万ちょい)、SUPERNOVA 6を発売したのだ。
http://www.wireworldcable.com/products/55.html
……本社webに写真しか載ってへんやんけ。
調べたら紹介記事も多少見つかった。
http://www.whathifi.com/News/Wireworld-launches-Mac-friendly-glass-optical-cable/
能書きはツッコミどころ満載だがまあ数百円の富士パーツを使い続けるよりは精神衛生上よいのでこの度導入した。
で、繋ぎかえてみた。
うん、違いがわからん。

実はうちのD/Aコンバータには光(TOSLINK)入力がない。音質上有利だと評判の同軸デジタル入力しかないのだ(普通同軸と光が一個ずつ位付いてるもんだが……)。しょうがないのでオーディオテクニカの光→同軸変換器を中継してD/Aコンバータに食わせている。この中継が悪さをしてケーブルの素養を台無しにしているのかもしれない。そういうことにしよう。
本質的な解決のためにはD/Aコンバータの買い換えかアップグレード改造(USB端子が付く)を施す必要があるが、今使っているStellavox ST2 96/24は音質的に満足しているので買い換えはしない。
ならケーブル買い換える必要もなかったじゃないかという説はある。
まあ、なにごとも経験であるということにしておこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台風被害

スピーカーが片方雨漏りにやられてしもた。もーイヤ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アップグレードの謎と誘惑

前記で我が家のST2 96/24の臓物写真を紹介した。
http://www.hifido.jp/KW/G0402/J/0-10/C09-43226-47646-00/
また、しばらく前にこの機種にUSB端子を付けるアップグレードのお誘いがあったことを書いた。入力は3系統のまま(同軸×2+AES/EBU×1から、同軸、USB、AES/EBU各1へ)。
不思議なのはどう見ても入力端子だけ交換すれば済む仕様になっていないことである。まず背面パネルにその空間がない。同軸端子一つ外したとしてもUSB端子はまともに付かないだろう。パネル作り直しか。基板にも追加基板搭載のスペースは無い。
つまりアップグレードとは名ばかりで実は基板総とっかえでは、との疑問が沸く。ALIZEモジュールは再利用するかもしれないが。実際ST2シリーズはかつてアップグレードと称して7万円で心臓部総とっかえ(48KHz/16bitから96KHz/24bitへ)した前歴があるので、12万で背面パネルごと回路総とっかえしても不思議ではない。
そうなると音も変わる可能性がある。
現在我が家ではAirmac Expressを中心に運用しているからUSB端子は必要ないのだが、音がよりよくなるなら心は動く。
ゴールドムンドの新規基板が乗って12万円と考えると安いのかどうなのか。まあwebの情報待ちか、と思いつつ、ST2なんてマイナー機種使ってる人あまりいないだろうしなァ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Stellavox ST2の臓物

貧乏家庭の我が家で唯一ゴールドムンドテクノロジーを内蔵するD/Aコンバータ、Stellavox ST-2 96/24。自分の個体は分解したことはないが、webで同機種の分解写真があった。
http://www.hifido.jp/KW/G0402/J/0-10/C09-43226-47646-00/
無駄に分厚い前面パネル、端子が詰め込めるだけ詰め込まれた背面パネル(ちなみに端子の説明は一切ない)も魅惑的だがやはり中身が見られるのは感慨深い。
青い大きな丸い部品が電源トランス。この規模にしては結構でかく、高価なトロイダル型を使っている。興味深いのは巨大な黄色い四角だ。これがD/Aコンバータの中核である。ST2 96/24はGOLDMUND独自のテクノロジーを積んでいると自慢していたが、確かに独自らしい巨大なヒートシンク状のモジュールになっている。たった140万の安物プレーヤーEIDOS 20Aとは違うわけだ。
よくわかんない支柱やプラ製の押さえ板もなんかよくわかんないがカッコイイ。買ってよかった。さすがに前に使っていたDA-500Gとはトランスの品質から基板の材質、DACのメーカー(DA-500はバーブラウンPCM1702のポン載せ)にコネクタの品質、ありとあらゆる所の見栄えが違う。
http://nakatajun.cocolog-nifty.com/.shared/image.html?/photos/uncategorized/dacinner.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なぜ日本製を使わないのか?(8)

AV機器は国産品使いまくりだ。BDプレーヤーが松下、LDプレーヤー、AVアンプがパイオニア製。いまだにレーザーディスクプレーヤー重用しているあたりが自分でもお茶目だと思う。が、主に稼働しているのはもちろんBDプレーヤーだ。
これは外国製の出番があまりない。「それHDMI端子ついてンの?」で大体話は終わってしまう。BD再生できるプレーヤーもあまりない。ゴールドムンド社がEIDOS 20BDという機種を出したが
http://www.goldmund.com/products/eidos20bd/
中身はパナソニック製、それも相当な低価格品だそうだ。
そういえばセンタースピーカーはオーディオプロ製だ。音は悪いがあんまり使わないので切り捨てようかそれともELACの準じた品に買い換えるか検討中。リアはどうせ音響成分大して入っていないので、ヤマハのNS-10MMだ。軽くてそこそこの音で安くてイイ。
頑張れ、外国!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧