« 2013年7月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年8月

ウォルサム ヴァンガードが帰って来た

R0012988_2

「R0012989.JPG」をダウンロード

ウォルサム ヴァンガードが帰って来た
蓋が開かなくなって万事休すだったヴァンガードですが宮原時計店様の技術で開封分解掃除に成功しました。感謝感激。鉄道グレードなので時計合わせのやり方が面倒くさいですがまだまだ元気です。
ケース交換したいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セイコー ベルマチックが帰って来た

セイコー ベルマチックが帰って来た
正直なんでこんなイロモノ分解整備に出したのか自分でもわかりません。
四本目の針がついていてアラーム機能になっています。クォーツならお茶の子さいさいの機能ですが機械式でやったのはご苦労さまな感じです。
アラーム月時計はレビュー・トーメンのクリケットというモデルがありますがこの操作がムチャクチャ複雑なのに対しベルマチックはかなり整理されています。おかげで手巻き機能がなく振って巻き上げなければなりませんが。

R0012987

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セイコー 56グランドセイコーが帰って来た

セイコー 56グランドセイコーが帰

R0012981_3

R0012979

って来た
グランドセイコー持ってたんだ。分解掃除完了の報告を
受けてびっくり、自分のブログにちゃんと上がっていることに気づいてさらにびっくり。
http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/128614/115007/69002071/image?src=http://nakatajun.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2011/07/11/56gsback.jpg
はがれていたメダリオンもきれいに復旧しています。しかしこのメダリオンのおかげで夏場使えません。異種金属に電解液(汗)つけたら電池になって腐植するのがあたりまえじゃあ。
精度はよいです。ソレガ売りの機種ですし。ただスーペリアに慣れるとちょびかし地味ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グリュエン ドクターズが帰って来た

R0012984

秒針を大きくする必要性とその間に合わせの出車三針式時計についてはさきにご紹介しました。
http://nakatajun.cocolog-nifty.com/wahoo/2013/06/post-233a.html
しかしかつては別のアプローチもありました。秒針をでかくする。これです。
脈拍取るのに使われたためドクターズウォッチという俗称があります。
これも注油完了で実用状態ですが汗が怖いので使うのは秋以降でしょうかねー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年11月 »