« セイコー鉄道時計 | トップページ | セイコー スーペリアクォーツ »

ユニバーサル・ジュネーブ 軍用モデル

R0012965

R0012962

中三針、つま秒針が中心にあるレイアウトは今ではあたりまえですが、かつては非常に難しい技術でした。ー大雑把にいうと、まっとうに作ると粉を司る歯車と秒を司る歯車を二階建てにしなくちゃならないからです。
一方で大きな秒針の需要はかなり前からありました。「○時伐0をもって攻撃開始!とか「この人の脈拍測って頂戴」とかいろいろ。
で、この時計。
中三針ですね。おおすっげぇ。さすがユニバーサル、と驚くことではないんです。
裏面を見るととってつけたような歯車がありますね。
つまりこれは秒針を司る歯車自体は在来の位置にあり、そこから中継する歯車(出車で中心にやっているのです。ズルです。
こういうのを出車式三針といいます。
最近の時計なんかは本中三針といいます。
白い文字盤に白い針で見づらいのであんまり使わないと思いますがユニバーサル好きなのでこれでいいのです。

|

« セイコー鉄道時計 | トップページ | セイコー スーペリアクォーツ »

とけい・とけい」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ユニバーサル・ジュネーブ 軍用モデル:

« セイコー鉄道時計 | トップページ | セイコー スーペリアクォーツ »