« ストリームライト ナノライト | トップページ | 懐中時計を虫干しする#0 準備編 »

SOG BladeLight Folder

Bladelightopen

SOGは真剣なようでひょうきんなところもあるナイフメーカーです。Stingray2.0は大変良いものでした。VG-10(V金10号)の三枚重ねに美濃紙のインレイ、そしてSOGの形のレーザーマーキングとというなんだかよくわからない。ものはよくワンハンドオープンもクローズも実に快適、切れ味絶妙の逸品ですが。せっかく限定品で(世界400本)レーザー刻印技術があるのにナイフに番号刻んでないのがよくわからん。
とにかくそのSOGがやってくれませした。なんとナイフにライトを装備! 真っ暗でも獲物の解体が出来る! いやそこバカ? とか言わない。フォールダーか一個あれば護身用にも足元案内にも使えちゃう。シースナイフ(折り畳みで着ないタイプ)は相手に刃をむけなきゃならんのでちょっとナニですが。
単4電池二本を使います。ライトの上におんぶしたような形態ですね。スイッチはテールのフォワードクリッキー。配光は拡散型で相手を幻惑させる目的ではありません。ボディはゴムのようなものが引いてあり滑りにくくなっています。SOGはまじめにこれ作っちゃったみたいです。
職務質問されたら「懐中電灯目的です」と言い張るんだもんね。

Bladelightlight

|

« ストリームライト ナノライト | トップページ | 懐中時計を虫干しする#0 準備編 »

きかい・きかい」カテゴリの記事

コメント

カーチャンはサバイバル好きだったのですか?
時計とサバイバル 何だか合いませんね~(笑)

投稿: はな | 2012年9月23日 (日) 23時29分

いやいやぜんまい時計とナイフと懐中電灯は自分の頭で理解できる基礎道具という点で共通しているのですよ。LEDはちょっと自分には難しいけど。

投稿: なかた | 2012年9月24日 (月) 01時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SOG BladeLight Folder:

« ストリームライト ナノライト | トップページ | 懐中時計を虫干しする#0 準備編 »