« 懐中時計を虫干しする#0 準備編 | トップページ | 懐中時計を虫干しする#2 メーカー不明 クォーターリピータ »

懐中時計を虫干しする#1 インビクタ 名称不明

01invictaface

1inveictamove_2

記念ンすべき一個目は地味ーなところから。
スイスはラ・ショーフォドンで1837年操業のなかなか古い会社です。今はブランド名だけ残ってる感じですけどまあそれはウォルサムやエルジンも一緒なので。
この時計は不動のものを安く入手して修理に出しました。時計の主要な歯車の軸受けにはルビー(現在はもちろん人人工ルビー)を使って磨耗を防ぐのですが、なにしろ相手は宝石、低価格機種ほど石数をケチる傾向があります(逆に見栄で石数やたら増やしたネタ時計もあります)。この時計の場合二番車と呼ばれる歯車の軸にルビーを使っておらず、そこが磨耗してガバガバになり不動になっていたのです。不動のおかげで他の状態はよく保たれていました。
軸受けの穴のまわりをガツンと叩いて穴をすぼめてさっくり復活。金張りの状態もよく、入門時の思い出の入ったお気に入りの時計です。

|

« 懐中時計を虫干しする#0 準備編 | トップページ | 懐中時計を虫干しする#2 メーカー不明 クォーターリピータ »

とけい・とけい」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 懐中時計を虫干しする#1 インビクタ 名称不明:

« 懐中時計を虫干しする#0 準備編 | トップページ | 懐中時計を虫干しする#2 メーカー不明 クォーターリピータ »