« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

ストリームライト マイクロストリーム

Microstreamblaclcat

Black Catというよくわからない単4のLEDライトを常時携帯しています。猫が描かれていてかわいいのですがそろそろ代替機が欲しくなってきました。カタログスペックは未だ鮮烈です。
http://www.kaidomain.com/product/details.S008794
単4×1本で120ルーメンが2時間だって(笑)。
まあそれは冗談としてもこの種のライトには珍しいテールスイッチで、気に入って使っていたのでした。ボディに描いてあるブッサイクな猫もたまらない。
とはいえそろそろ新型でも。で、かったのがこれ。ストリームライトのマイクロストリーム。
またストリームライトですか。
またストリームライトです。
単4×1本、28ルーメンで2時間15分のコンパクトなライトです。
質感はさすがに高いですね。ランヤードが添付されているのもうれしいです。本体にランヤードホールはありませんが。クリップにつけろということでしょうか。クリップは最近のシュアファイアのように二重に折り曲げられていてどっちを下にしても保持できるようになっています。
配光は結構綺麗です。明るさは……正直Black Catと大して変わりません。いつもポケットに入れておくのでクリップは邪魔なのですがクリップを外すとランヤードがつけられません。というわけでもったいないけど非常用ライト送り。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スパイダルコ オセロット

  • 0cer0topen

    0cer0tclose

オセロットというのは食肉目ネコ科のにゃんにゃんにゃんこです。でかいですけど。人間にも慣れるそうで乱獲が大変だそうです。まあ日本じゃ猛獣指定されているんでかえませんけど。
とにかくそのオセロットの名を冠したモデルです。2006年新発売。既に廃止です。特に興味がありませんでした。カタログをみる前は。
なんにゃこのハンドルの「足跡」はッ!?
これは欲しすぎる。ということで買ってしまいました。
性能とかはいつものスパイダルコなんでバッチリです。でもハンドルがすり減るのがもったいないので(普通と逆だ)死蔵しようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ストリームライト プロタック 1L

Protachl1l

またストリームライトです。
CR123A電池を1個使い、110ルーメン、一時間四十五分。SC80持ってたらいらないじゃん、という説もありますが、そこはそれカッコイイからいいのです。
Protac HLに比べると電池が一個減った異常に小さいですね。やはり激戦区なのでしょうか。
配光はふつう。明るさもふつう。ストリームライト集めていなければ、選んでも選ばなくてもいいかなという感じです。おまけのホルスターはそこそこでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ストリームライト スタイラス

Streamlightstylus

ストリームライトづいています。
ついに禁断のアイテムに手を出してしまいました。ストリームライト・スタイラスです。スタイラスプロは単4電池を使うので電池供給それなりに潤沢なのですが、無印は単6電池を使います。そんなもんうってねー。しかも明るさは11ルーメン程度。24時間持つといってもダラ下がりです。
でもカッコイイからいいのです。スタイラスプロは同じ単4電池を使うProtac 2AAAがありずっと明るいので今のところ興味ないです。派手な色のモデルはちょっと心動きますがなかなか安くうってません。

Streamlightcompare

上から順にプロタックHL、プロタック2AA、プロタック2AAA、スタイラスです。実物見ると確かに細いんですが。

Streamlightlight

日本で使うにはnanolightとプロタック2AAAのほうがなんぼかいいような気もしますがカッコよければよいのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Streamlight Protac 1AA

  • Protac1aa

    またストリームライトですか。
    またストリームライトです。
    2AAを買ったら欲しくなってeBayの送料無料のとこから購入しました。
    1AA、つまり単三電池1本使用です。ストリームライトでなくても他にいくらでもあるやん、という話は気のせいです。
    写真はProtac HL、Protac 2AA、Protac 1AAです。電池が減ったありがたみはあまり大きくないかんじですね。
    明るさ50ルーメンです。Protac HL(600ルーメン)の一割以下です。
    配光はスムーズリフを割り引いても正直あまりきれいではありません。ダークリングが出ます。まあ限られた光束を遠くに投げる工夫と思いましょう。
    しかしロービームが5ルーメンって、暗くすればいいってもんじゃあないだろう。せめて10ルーメン……
    並べると家族みたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Streamlight Protac HL(その2)

BatteryJunctionという店があります。
アメリカ郵政公社がリチウム電池の発送を許可せず日本のでんちが大ぴんちになったときここは「Batteries」とだけ書いて飄々と送ってきました。だいたいCR123Aなんかより携帯電話の電池のほうが危険やろ、という説はあります。
とにかくBatteryJunctionです。
さきに紹介したStreamlight Protac HLは友人がここから買ったものでした。丁寧迅速頭が回るいい店です。そこそこ安いし。CR123Aのパナが1.5~1.2ドルくらい。買う数によって変わるシステムなのです。
ちなみにシュアファイアの電池は12本で25ドル。国内価格で買っちゃった人は天を仰いで慨嘆してください。まあそれでもシュア電池高くなっていますね。昔は百数十円でしたから。円高考えると大幅に高くなっています。
まあそれはともかく当該ショップは懐中電灯も扱っています。シュアファイアの値段とか調べちゃいけまんショックを受けます。まあ、ほんとうに恐ろしいのは電池を含めたこものパーツ類のマークアップ率なんですが。
まあ、それはともかく。
友人が当該点ッぽにProtac HL発注したのでした。自分はSurefire P2X Fury持ってるからパスと考えていました。しかし友人ちょっと使っていいと貸してくれたのが運の尽き。TEN-TAP-Programmingの使いやすさにすっかりやられました。で、ご購入。ぱちぱちぱちぱち。
前はProtacを褒めたのでこんどは欠点指摘してみましょう。デザイン。表面処理が若干安っぽいです。ローレットがけなのはいいですが6Pなどふほど深く掘ってはいません。まあProtac 2AAのように無いよりはずっとマシですが。まあしかしP2Xのエルゴミクースなデザインだと銃につかないので……P2X、レンズがプラスティックやし─実用度はProtac優勢か。ガンにマウントできるということは自転車にも固定しやすいってことなんですよね。
両方ともヘッドは接着され動きません。テールキャップの開閉は、P2Xがさすがにシュアグレードなのに対しProtacはちょっとジャリジャリします。実用に問題するものではありません。
電池ケースを開けると電池を挿入する前に××を参照して云々、という紙が張ってあります。うっかり取り出さずに差し込んでしまいぶんぶん振って取り出しました。サイドワインダーといい、ストリームライトは電池室に遺物入れとくの好きやなー。シュアファイア9ANを買ったときバルブ振に「電池を充電したら火災の危険があるのでケールに戻すな」と書いてあったのも笑いましたが。
ホルスターが付いてきます。特別な出来ではありませんがベルトループがベルクロで開閉できるなど一通り抑えています。グッド。
それくらいですね。そういうわけでP2Xと配光や光量の差はほとんど違いません。
しかしC4テクノロジーってなんなんでしょうねえ。今回のなんてXM-Lチップまんまだし。
日本で売るときはせめて八千円台くらいにしてほしいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Streamlight Protac 2AAA

Protaccompare

デザインだで買いました。細長くて超カッコイイです。シュアファイアに直接ライバルになる機種はいません、あえていうならミニマグライトAAAくらいでしょうか。ってあれはLED版出てないのか。
単4電池を2本使います。単4電池は被災でもこれを使う電灯を持っている人はあまりおらず狙い目だそうです。このライトのハイビームは80ルーメン、1時間30分。ロービームは10ルーメン、30時間。ロービームの光束はほぼ砲弾型1灯と同等ですね。真っ暗闇なら結構頼りになる明るさです。
外観は相変わらずかっこいいですね。Protac 2AAよりさらにカッコイイです。ボディにナーリングしてあったらもっと良かったんですが、まあ34ドル。仕方ないでしょう。鞄にペンと並べてさしてEDCにもよさそうです。
ストリームライトは1AAA出してくれないかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Streamlight Protac 2AA

えーと、2AA、つまり単三電池を2本使う懐中電灯

2aacase

です。ライバルのシュアファイアE2L AAは80ルーメンで3時間、今回の製品は120ルーメン(ちょっと明るい)で1.75時間。でもシュアファイアはズルをしています。単3電池型のリチウム電池を使っているのです。性能は一級品。
もうひとつ、どちらもモデルも二段切り換えを持っているのですが、E2L AAは10ルーメン。砲弾型1子くらいのパワーです。ストリームライトは14ルーメンで21時間。ドングリの背比べをしている気分になってきましたがローで粘ることを考えるとまああってもいいでしょう。まあ、ローはIDチェック用か。そういう意味ではシュアファイアが正解ですが、プロタックの次のモデルではTEN-TAP PROGRAMMING積んでほしいなあ。
Protac 2AAにはもう一つ、ストリームライトにあるまじき特徴があります。

2aacomare

カッコイイのです。細い。上からIFD2、E2L AA、Protac 2AA。細くしっかりしています。発光モードはHi-ストロボ-Lo。TEN-TAPがついたらいいのになあ。
全てはカッコよさのために許せてしまうのです。まあE2L AAも最近のシュアにしてはカッコいいですが。
とにかくこれが36ドルで買えるのは魅力であるのです。

2aalight

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »