« ストリームライト・サイドワインダーコンパクトII | トップページ | ユニバーサル・ジュネーブ コンパックス »

セイコー クラウン鉄道車掌用

Crownhomer

鉄道がぜんまい時計を規範にして動いていたころ、国鉄の運転台はセイコーの懐中時計、腕時計はシチズン・ホーマーが主力でした。しかし腕時計はセイコー・クラウンがわずかに採用されています。大幅採用されなかった理由はコストという説が有力ですが藪の中。確かに量産機のホーマーに対しクラウンは初代グランドセイコーの原型になったほど、中級機くらいの貫祿はあります。ホーマーで精度が出せるシチズンももちろんえらいんですが。

Crownhomerback

こんなもの縁がないと思っていましたが手に入れてしまいました。左から一般用クラウン、鉄道車掌用クラウン、鉄道車掌用シチズンホーマーです。鉄道時計は視認性を第一にしているのがわかりますね。ホーマーの実直さに対し意外にもセイコーの方がかわいいっぽいデザインです。ホーマーがプロメチウム夜光に対しクラウンには夜光がついていません。

Crownmove

機械は左が一般用、右が鉄道用です。あんまり変わりませんね。3番車の石に伏せ石がしてあります。言われなきゃ気づきませんね。秒針規正装置がついていて竜頭を引くと秒針が止まります。これはすてき。

|

« ストリームライト・サイドワインダーコンパクトII | トップページ | ユニバーサル・ジュネーブ コンパックス »

とけい・とけい」カテゴリの記事

コメント

こっちでレス。
角穴車の隣下にある金属が4番車止めてます。
竜頭引けば動くはず(動かなかったら壊れてる)
ホーマーも同じです。
ちなみに近年のは巻き芯から輪列の下にもぐりこんだ細い金属が
テンプにガッとやるのが多いです。

投稿: ふむ(loadmarvel) | 2012年4月10日 (火) 20時48分

ありがとうございます。やはりあちらでもお世話になっている方でしたか。
秒針規正なるほどです。なんかキングセイコーのカマが欲しくなってきましたよ←やめとけ

投稿: なかた | 2012年4月11日 (水) 04時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: セイコー クラウン鉄道車掌用:

« ストリームライト・サイドワインダーコンパクトII | トップページ | ユニバーサル・ジュネーブ コンパックス »