« グリュエン・グリュエン21 | トップページ | Nailbender Custom Lites Tower Style Cree XP-G R5 Single Mode+18650 Battery Case »

オアシスかな漢字変換が延命される

PCのキーボードには変換キーと無変換キーがついています。
なんでスペースキーを押して変換、エンターキーで確定なんて仕様になってるんでしょう。素直に変換キーを押して変換、無変換キーでかな確定にすればいいじゃん。
その昔PC-9801というコンピュータが一世を風靡した時期があり、この変換キーと無変換キー(XFERキーとNFERキー)がおポンチな所についていたため、スペースキーで変換するのが当然になりました。当時主力だったIME(FEPと呼んでいましたが)はATOKで、これは変換キーがまともな場所についているFMR用のバージョンまでスペースキーで変換になっていました。その呪縛が今も続いています。
そこで富士通Japanist。ワープロ専用機時代の入力環境を引き継いだIMEです。かつてはオアシスかな漢字、と呼ばれた伝統ある代物です。しかしJapanist2003から更新されず64ビット環境に対応していませんでした。
しかし、このたびパッチが出て64ビット対応になりました。しかし富士通にはこれをJapanist2012として売る余力はないようです。これから2003名義の、購入時点でパッチを当てないと使えないIME購入しないですよねえ。寂しい話です。

|

« グリュエン・グリュエン21 | トップページ | Nailbender Custom Lites Tower Style Cree XP-G R5 Single Mode+18650 Battery Case »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オアシスかな漢字変換が延命される:

« グリュエン・グリュエン21 | トップページ | Nailbender Custom Lites Tower Style Cree XP-G R5 Single Mode+18650 Battery Case »