« セイコー ファイブ SNK803K2 | トップページ | SS-18のベルトを変える »

Surefire P2X

Fury6p

シュアファイアはかつてのカスタマイズ至上主義から、一発完成品で改造の余地なし、に方向転換しているようですね。その商売に乗せられてうっかり買ってしまいました最新型。P2X Furyです。
基本的には6PXなどの形状を継承しています。ヘッドがでかいのが印象的です。握りがエルゴノミクスな曲線を描いていますが、かつての手に噛みつくようなナーリングはなくなりました。ヘッド直径が少し太くなり在来のフィルターははまりません。

Furylight

明るさはさすが500ルーメン、シュアファイアの純正品としては大したものです。しかもこれが一時間持続するのですから、ちょっと前の60ルーメンで一時間に比べたら長足の進歩です。配光はスポットなりに周辺光もあり中心光は結構飛びます。今回の発光比較は700ルーメン(バッテリー1個時)のOveready Tripleとの比較ですがかなりがんばっています。若干色むらがあるのが気になりますが実用上は問題ないでしょう。
ただバルブの交換やスイッチの交換、フィルターの装備といったカスタマイズを完全に捨てたオーダーメイドになり、過剰品質ぎみのナーリングも廃止されるなど、6Pをさんざん加工して遊んだ身には寂しいものもあります。

|

« セイコー ファイブ SNK803K2 | トップページ | SS-18のベルトを変える »

きかい・きかい」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Surefire P2X:

« セイコー ファイブ SNK803K2 | トップページ | SS-18のベルトを変える »