« CASIO F91w | トップページ | BENCHMADE Osborne MCP Folding Knife S30V Steel Black Coated Alum Handle 943SBK »

ヘブドマスを調整する

ぜんまい時計が「毎日同じように○秒進む・遅れる」の場合、修正は案外簡単です。時計には時間を刻むばね振り子のばねの有効長を増減して時間の進み遅れを調整する機構があります。まれに重り側を調整する製品もありますが。とにかく、「毎日概ね何秒」のときは修正簡単です。毎日進んだり遅れたり、とか、平置きと吊るしで誤差が違うとかいう時はしんどいです。まあ、それはともかく。
普通この調整機構(緩急針といいます)には裏側からアクセスします。しかしヘブドマスは背面全体をぜんまいが覆っているので裏側は覆われています。困りました。
と思ったらヘブドマスは顔側から緩急針をいじるのだそうです。ガラス面を簡単に外すことができ、6時位置にあるばね振り子をいじるのですね。
初期に一日五分狂っていた時計は、ちょっと調整してみたら5日で1分狂わないほどになりました。この時計の売りは一度のぜんまい巻きで一週間動き続けることで、しかも一分狂わないとしたら一週間竜頭を触る必要がないということですね。ボロだと思っていましたが案外使えるかもしれません。

|

« CASIO F91w | トップページ | BENCHMADE Osborne MCP Folding Knife S30V Steel Black Coated Alum Handle 943SBK »

とけい・とけい」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヘブドマスを調整する:

« CASIO F91w | トップページ | BENCHMADE Osborne MCP Folding Knife S30V Steel Black Coated Alum Handle 943SBK »