« 拡散玉 | トップページ | RECORD ブロードアロー »

Dバックル 12ミリ

Dbackleback

これまでグリュエンを数個ご紹介してきましたがグリュエンの細長いモデルは長さこそ44ミリとかありますがベルト取付部の幅(ラグ幅)が14ミリという中途半端な数字でした。後期のスクエア型のは16ミリ等があるので交換も簡単なのですが。14ミリ幅だと短いものが多く自分にはちょっときついのです。お気に入りのDi Modell社やHIRSCH社などはこういう細い製品も出しているけど日本に正規輸入してないし。

Dbackleside

やむなくとりあえずeBayで購入しました。デザインはよく、汗を吸収するAEROライニングを装備していて装着感もよいですが短いです。しょうがないので外側にひとつ穴をあけました。しかし装着がしにくいです。この時計ベルトの根元をくわえるように装着する構造で、ベルトがハの字になっちゃうんですね。
ということで、メタルブレスレットのように付け外しできるようにするDバックルを装着してみました。いや12ミリ対応のDバックルなんてあるんですねえ。もちろん本体に合わせた金色。本体金貼りに対しメッキですけど。

Dbackle

わりと綺麗にまとまった気でいるのですがどうでしょう。

|

« 拡散玉 | トップページ | RECORD ブロードアロー »

とけい・とけい」カテゴリの記事

コメント

自分は傷んだ時計のベルト好感にモレラートのものを使っています。これってマニアの方から見てどうなんでしょうか?高すぎるのが難点だったり。

投稿: pastel_piano | 2011年11月10日 (木) 19時54分

むしろモレラートはむしろエントリークラス扱いだったりします。自分の好むDi Modellやヒルシュも安物で、高価なものになると
http://search.rakuten.co.jp/search/mall?v=2&p=1&min=&max=&sf=0&st=A&g=0&sitem=JC%E3%83%9A%E3%83%A9%E3%83%B3&nitem=&x=0&s=3
5万ちかくがあたりまえにあったり。

投稿: なかた | 2011年11月11日 (金) 08時43分

ギャー!これでエントリークラスかっ(滝汗)
結局オーディオと同じだわ・・・。

なんだろう、確かに数千円払ったのに、質感こんなもんか?みたいな感じではあるのです。良い物は諭吉さんが必要なのね。

でも僕の時計はカルバンクラインとかスカーゲンの所謂安物なんでありんす。

何故か女物でオメガのコンステレーション一個持ってるけどな~(爆)

投稿: pastel_piano | 2011年11月11日 (金) 20時57分

モレラートでもマニファッティシリーズは結構いいです。
http://item.rakuten.co.jp/mano-a-mano/c/0000000102
自分はヒルシュとDi Modellを愛用しています。
http://www.watch.ne.jp/hirsch/detail/chronograph/index.html
http://www.tokeban.com/124.html
http://www.tokeban.com/140.html

投稿: なかた | 2011年11月12日 (土) 06時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Dバックル 12ミリ:

« 拡散玉 | トップページ | RECORD ブロードアロー »