« とけいの入門について(9) | トップページ | とけいの入門について(11) »

とけいの入門について(10)

グリュエン

Gryuen330

1874年創業。最近ぱっとしませんがかつては凄い企業でした。
時計を腕にあった曲面にするため中の機械まで湾曲させてしまったカーベックス、とっても薄いのが自慢な(あんまり薄くない気もするけど)ベリシン、スモールセコンド(6時位置にちいさく付いてる秒針)の時代脈拍を取りやすくするため秒針を大きくしたドクターズウォッチ、1~12時表示が瞬時に13~24時表示に切り替わるジャンピングアワーなどが有名です。目的はわかるがそこまでやるかな技術志向で、機械も綺麗で見事なものです。
経営上の都合でスイスブランドとなり、過去の栄光で食いつないでいる感じです。最近はカーベックスという名称の、カーベックスのくせに文字盤が曲がっていない時計などを売っています。

マラソン

Marathon

軍用時計を主に生産している企業ですが、最近は納入されているものはごく一部製品だけのようです。また、実際の兵隊さんたちは自腹でGショックなどを使うことも多いようですね。しかし自分などは、普通の時計では時計が袖に隠れて十分蓄光せず肝心のときに光らないことが多いところ、マラソンの大部分の機種はトリチウムによる夜光を採用しているので蓄光関係なく光り、映画館などで重宝します。自分は手巻きのGeneral Purpose Field WatchとクォーツのTSARを使っています。

ハミルトン
992bfaceハミルトンカーキが有名ですが鉄道用などの懐中時計、992や950なども有名です。
自分は懐中時計の992B、LEDデジタル時計のパルサーを持っています。992(Bでないもの)や950欲しいなあ。でも992はまだしも950は高くて買えないや。
これらを含めたアメリカンウォッチについては、
http://www.antique-pastime.com/seminar/
が詳しいです。

あとハンプデンとイリノイの腕時計を持っています。どちらも綺麗です。

|

« とけいの入門について(9) | トップページ | とけいの入門について(11) »

とけい・とけい」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: とけいの入門について(10):

« とけいの入門について(9) | トップページ | とけいの入門について(11) »