« 臓器提供意思登録 | トップページ | ハンプデン 手巻き »

Grana再び

Granaface

Grana社は今はありません。もっとも潰れたわけではなくサーチナという名前に変わり、今もがんばっていますがぱっとしません。しかし、戦中くらいには地味ながらステキなモデルを作っていました。しかし一番お気に入りだった小さなモデルを紛失してしまったのです。15石、ブレゲヒゲ、バイメタル切りテンプという何がなんだかな美しい機械だったのですが。それから軍用の中型はいくつか手に入れたもののなかなかあれと同じものには出会えません。

Granastuff

今回手に入れたモデルはなかなかいい感じで、特にムーブメントは綺麗ですが、かつて紛失した機種についていたブレゲヒゲという機構が付いておらず、コハゼという部品の形状も少し違います。探求はつづく。

|

« 臓器提供意思登録 | トップページ | ハンプデン 手巻き »

とけい・とけい」カテゴリの記事

コメント

8か9型かな?
このサイズでだと二番車に石があるか否かを
見てます。
入ってるのは中々無いんですよ。

投稿: 戦前かな | 2011年9月10日 (土) 12時32分

比較写真UPすればよかったですね。たぶん8型だと思います。
2番車の石、ブレゲヒゲか否か、ケースがヒンジ蓋かポコ蓋か、バイメタル切りテンプか、あたりでしょうか。この時代の商品には過大な溶融ですが、いつかめぐり合いたいものです。

投稿: なかた | 2011年9月10日 (土) 13時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Grana再び:

« 臓器提供意思登録 | トップページ | ハンプデン 手巻き »