« ハミルトン パルサー(2) | トップページ | Surefire G2X Pro(到着編) »

Surefire G2X Pro(発注編)

G2xpack

シュアファイアは懐中電灯の旧機種を切り捨て新型の充電池・リチウム電池併用型にシフトするつもりのようですね。といっているうちにいきなりヘタレて6P(シュアファイア界のヴィッツ・カローラ)を復活しました。フィラメントの6Pラインは6P,6PD,G2,G3,9Pが残ることになります。Z2とC2が消えるのは寂しいですが時の流れでせう。6P系の特徴は、フィラメントを含むバルブと反射板が一体となっていることで、この構造のためフィラメント全盛期には配光がよいとブイブイ言わせていました。しかしこの大規模な光学系のため、バルブと反射板を合わせた比較的大きなブロックにLEDと電圧回路を仕込み、LEDに換装することが流行しました。
……新型売れないですよね。
で、シュアファイアは「全部くっついて取れない」6PXとG2Xを出し6Pを廃止しました。相当なブーイングがあったのか、6Pはすぐ復活しましたが。

G2xg2lbody

|

« ハミルトン パルサー(2) | トップページ | Surefire G2X Pro(到着編) »

きかい・きかい」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Surefire G2X Pro(発注編):

« ハミルトン パルサー(2) | トップページ | Surefire G2X Pro(到着編) »