« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

セイコー ファイブ

Fiveface

新品の時計買うのは久しぶりですって買うのがファイブですか。
ていうかまだ持ってなかったんですか。
えーと、ファイブです。セイコーの機械式ボトムライン機種です。5000円くらいで購入しました。ホームセンターとかのチラシに6000円くらいで載ってるのと同じスペックですね。一万円くらいになると日本製になるみたいですが、まあいいでしょう。
「ファイブ」は、切れないゼンマイ、耐ショック性、自動巻き、デイデイト表示、防水性の5機能を意味するそうです。さらに21石、針と文字盤にルミブライト蓄光付きと、マーベルの頃で時間が止まっている自分には目を見張るスペックです。針もそれなり。安物クォーツのようにやたら細かったりインデックスまで針が伸びてなかったりということもありません。5000円のくせに。
自動巻きは極めて好調でほんのわずかな動きで動作します。というかこのタイプは手巻きができません。竜頭は日付と時間合わせのためにだけ存在します。
恥ずかしながらバンドの長さ調整は初めて経験しました。巻きブレスは価格相応ですがそれでも艶面と梨子地面を組み合わせています。

Fivemove

裏はスケルトンで内部機械が見えます。オールドセイコー好きから見てもしょぼいですが、実はこれ偽物対策らしいです。5000円の(しつこい)時計の偽物を作ってペイする市場があるってことですね。まあ途上国の憧れ時計であるのです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

PULSAR LED CALCULATOR WATCH

先のパルサー女性用は小さく、ベルトをさらに鎖状のものに変えたら夏の蒸れが少なく愛用してしまっています。今回は続きパルサーです。世界初のデジタル腕時計、ハミルトン・パルサーは計算機付きという意味不明なものも出していました。

Pulsarface

Pulsarback

使い物、ならないですよね。

Pulsarled

ちなみに宣伝文句と違い12時の1の字が文字欠けしてました。使えないじゃん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヘブドマス8日巻

Hebdomasface

やめときゃいいのに買ってしまいました。文字通り8日稼働する時計です。理屈は簡単で普通はじっこに小さく付いている主ぜんまいが、背面全面を覆っているのです。おかげでもうひとつなるべく大きくしたい調速機は機械の裏側、つまりは文字盤側に追いやられました。オープンハートなデザインは合理的な思想ではあるのです。

Hebdomasspring

ぜんまいの巻きぐあいによって進み遅れも変わるはずですが、それはこれからのお楽しみ。アトモスの日差も計測したいところです。早くかえってこないかなあ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

56グランドセイコー

56gsface

キングセイコーは2つ持ってるけどグランドセイコーは持ってなかったです。56グランドセイコーですから、機械式の潮流が一度途切れるラストの機種ですね。タマ数も多いようです。

56gsback

デザインは比較的端正ですね。正直44キングセイコーのほうが派手に見えます。
いつかは初代グランドセイコーを手に入れたいものですが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

飲料

キリンレモン買ったら「着色料未使用」って誇らしげに書いてありますた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

マグライト6D

6dbody

やめときゃいいのに、廃盤となると欲しくなって買ってしまいました。単1電池6本で動作する巨大な懐中電灯です。職務質問確実です。
6Pなんか子供みたいに見えますね。
しかし電池6本入れると重っ。映画などで肩に乗せて使っている(ターミネーター2の冒頭とか)のを見ますがあれは鈍器として使うためだけでなく重くてバランスが取れないからだったのですね。

6dsurefire

6P(よくわかんない中華バルブ)との比較。言うほど暗くはないです。周辺光ほとんどないけど。
とはいえこの巨体では寂しいので、さっそく買っておいたTerralux社の互換バルブ入れました。
Surefireterralux左が中華バルブ、右が6D。さすがに明るいです。この重さで持ち歩くかと言われたら微妙ですが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新調したポーチ

さてバッグの主気室を活用するため、バッグ内整理用ポーチを新調したのでした。

Inner

Hook-&-Loop 3" x 5" Zipper Pocket
http://www.maxpedition.com/store/pc/Hook-Loop-3-x-5-Zipper-Pocket-60p1693.htm
今回のバッグの仕切り板にはベルクロの雌が敷きつめてあります。

それに貼って合体させるため今回のポーチにはベルクロの雄が縫い付けてあります。

Innerinnerバッグのなかの小物を整理ということですね。
Fatty Pocket Organizer

Organizer

http://www.maxpedition.com/store/pc/Fatty-Pocket-Organizer-7p1654.htm
同じように、バッグの中に入れて小物を整理するパックです。これは裏がベルクロではないので仕切り板に固定はできませんがまあいいでしょう。裏は軍用おなじみのPALSウェブが付いていて、ベルトポーチなどのような使い方、また大型のバッグなどに合体するなどの使い方ができます。

Organizerinner

問題はそんなに一杯小物携行してないことですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新調したバッグ

Lastresortin

とりあえずバッグは好調です。宣伝画像みたいにポケットに入れたものをちょっと引き出して写してみようかと思いましたが実物は硬くて無理でした。下ポケットには保険証やサングラス、予備電池、上のポケットにはそれぞれモノキュラ(単眼鏡)と印鑑、長ポケットには防水マッチ、エスビット、赤チン、消毒綿花、くっつく包帯etcを入れています。
サイドはナルゲン(水筒)用ポケットは水筒またはペットボトル用に開けておくとして、反対側の無線機用ポーチにはとりあえずライトと護身用の催涙スプレーを入れました。
VAIOは当面裏に入れるので、主気室がまるごと開いています。ポケットティッシュが何個か入っていますが。
バッグ上部にはマグ6Dクラスを入れるとおぼしきバンドがあります。「実用」ですね。今どきこんな所にマグくっつけてたら蜜にたかるありのように警官が寄ってきそうですが。
とりあえずベルクロスペースがあったので国籍バッジ貼りました。あと血液型バッジ発見したら貼ろうかな。
あとはサイドにPALSウェビングが張ってあったら満点だったんですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »