« ストリームライト ナノライト | トップページ | オメガ スピードソニック »

トリコンパックスが帰って来た

Tricompaxface

ユニバーサル・ジュネーブ社が好きです。クォーツショックでガタガタになる前の古いやつ。マイクロローターを搭載し極薄を実現した自動巻き時計、自社製の臓物を使ったクロノグラフ(ストップウォッチ付き時計)。まあクロノグラフの臓物は後にバルジュー等の専業企業から購入するようになりましたが。
ユニバーサル・ジュネーブ大好きです。好きで好きで、Wikipediaの参考写真が全部自分のだったりします。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A6%E3%83%8B%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B5%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%8D%E3%83%BC%E3%83%96
そう、「量産された腕時計の中では最も複雑な製品の一つ」トリコンパックスすらも。
なんか技術力を誇示するためにムリヤリ詰め込んだような時計です。ストップウォッチ、月、日、曜日、月齢の表示機能があります……実用性は別として。
ちょっと調子悪かったので分解掃除に出しました。なにしろこいつはボタンが5つあるという機械式としては複雑極まりない時計。

03240006_2

分解写真はこんなの。
目眩がしますね。

03240008

文字盤裏はこうなっています。
頭痛がしますね。

04020002

機械部分はわりと普通のクロノっぽい体裁です。
とにかくせっかくのトリコンがちゃんと動くようになりました。いつもながら宮原時計店様には大感謝です。

|

« ストリームライト ナノライト | トップページ | オメガ スピードソニック »

とけい・とけい」カテゴリの記事

コメント

トリコンパックスはやっぱりかっこいいですね~!
僕もいつかは欲しい一本なんですが高くて…
それにしてもフルカレンダー機構がかなり複雑なんですね。7750系の同機能の物と比べても複雑さが全然違う
やっぱり昔のクロノはかっこいいなぁ~

投稿: 北陸の元時計マニア | 2011年7月10日 (日) 10時20分

文字盤下は複雑怪奇の極みですが、ムーブメント側は古いクロノにありがちなピラーホイール方式ほぼまんまですね。比較的手間のかかる構造で、おかげで今に至るも7750よりクロノのプッシャーの感覚は軽快です。今だとゼニスがこの方式を未だ使っています。
文字盤の古くささがいい感じですよね。でもラジウム塗りですよねこれ。
自分は今OCEAN2000が欲しくて、この間ヤフオクに出てたのですがあっという間に30万越えて諦めました。

投稿: なかた | 2011年7月10日 (日) 17時49分

トリコンはラジウムなんですか
体調管理には気をつけて下さいね
冗談はさておき、ocean2000といえばIWC時代のポルシェデザインですか。実はよく覚えてなかったのでググってしまいました
確かに独特の存在感ありますね。でもムーブメントは2892A2ですよね。ETAムーブは名機揃いで個人的には嫌いではないですが、なかたさんくらいマニアになると少々物足りないのでは…

投稿: 北陸の元時計マニア | 2011年7月11日 (月) 01時11分

いやそれどころか夜光が切れたシチズンホーマーをなんとかしようとして夜光を削り落としてからそれがプロメチウムだったことを知ったなんて過去もありました。
ETAぽんと言われるとそうなのですがやはり見かけのいい時計には惹かれます。オメガ・スピードソニックもザリガニと普通のと持っていますし(落札価格は十万以上違いました。普通のタイプの方が調子がいいです)。
そういえばETAあまり持ってないです。旧型のGeneral Purpose Field Watchが多分ETAだと思います。あとプゾーが入ってたサーチナくらいか。

投稿: なかた | 2011年7月11日 (月) 01時29分

まだETAの自動巻きをお持ちでないなら普段使いに2892系や2824系が数本あってもいいかもしれませんね
何だかんだ言っても値段と性能とメンテナンス面考えたら、あれの右に出る物はありませんしね
シチズンホーマーは僕も持ってたような…。

投稿: 北陸の元時計マニア | 2011年7月11日 (月) 21時24分

まいにちとっかえひっかえしているので自動巻きはつい後回しになってしまいます。ムーブは価格あたり性能で安いと思いますがガワがいいのはぐんと高くなるというのもつらいところ。憧れのポルシェデザインも、価格あたり性能だと疑問符付きますよね。MarathonのGSARが欲しかったけど、クォーツのTSARで妥協しました。
とかいって自分ファイブもこの間やっと手に入れたというにわかですが。

投稿: なかた | 2011年7月11日 (月) 21時36分

なかたさんくらい詳しければ、もうにわかじゃないでしょ…
僕は大学の頃(もう20年近く前になりますが…)に時計に興味を持ったのですが、それから5年くらいは時計のことばかり考えてましたね
でも目の前の生活に追われ次第に時計から離れてしまいました。
ところが10年程前に運命の悪戯か時計修理の会社に転職してしまい今再び時計について勉強中といったところです。
なので機械的なことはそこそこ解るのですが、最近の時計の流行りとかマニアックな仕様みたいなことはあまり解らず、また最近の時計ファンの気心を知るためにたまに時計板を見たりしています。
マラソンというブランドも実は全く知りませんでした
ちょっと調べた感じではルミノックスみたいなとこかなぁ…という印象を持ちましたが

投稿: 北陸の元時計マニア | 2011年7月12日 (火) 21時31分

自分はまず勉強しはじめた時にグノモン社の基礎時計読本と標準時計技術読本で学びました。これらは本当にいい本ったのですが絶版になってプレミアがついてしまっています。ちしk
時計修理のお仕事ですか。素敵ですね。自分も上記事情から(グノモン本にはクォーツはもちろん自動巻きも一切載ってません)知識が古いものに偏っています。
ルミノックスが部隊などとコラボしているが実際に軍正規採用ではないのに対し、Marathonは一部機種が米軍に採用されています。自分の持っているTSARは納入実績ないようですが。
もっとも現場の兵隊さんがつけているのはGショックやスント、タイメックスといったデジタルのお値打ち品が多いみたいです。

投稿: なかた | 2011年7月13日 (水) 22時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トリコンパックスが帰って来た:

« ストリームライト ナノライト | トップページ | オメガ スピードソニック »