« SEIKO SPIRIT 5S21 | トップページ | エナジャイザー ナイトストライク 5-LED スイベルライト »

ナショナル 電池がどれでもライト

今回の地震は考えさせるものがありました。懐中電灯は家にいっぱいあるが、ランタイムが長いもの、人にポンと貸せる操作性が簡便なもの、電池が普遍的なものなどの条件を満たすものが案外少ないのでした。明るいがランタイムが短いものとか、調光機能でスイッチを何度押しして長押ししてどうこうとか(ヘッドを「緩めると」点灯するミニマグライトも難しい部類でせう)、CR123A電池や18650電池を使うものとか。
電池についても、かえってCR123Aは安売り見つけるとまとめ買いするし消費期限が長いし被災時にも売れ残ってる可能性が高いしですが、それを使うライトはとても明るいが一時間しか持たないとかいうノリで単1などの備蓄はあまりないのでした。電灯自体はナショナルブリキ懐中電灯の単1版と単2版をLEDに換装したもの、ミニマグライトAA(単3電池)をLED化してテールにスイッチ付けてヘッドを固定したものがあるからどんな電池にも対応できるのですが。
電池は落ち着いてから購入するとして、前から欲しかったライトを購入することにしました。
http://ctlg.panasonic.jp/product/info.do?pg=04&hb=BF-104F
Panasonic 電池がどれでもライト。

Lightpack

この売りは見ての通り、単1、単2、単3の電池が2個ずつそれぞれ入れられることです。手に入った電池で点灯できます。

Lightbody

で、手に入れた製品がこちら。パナソニックではなくナショナル標記ですね。旧在庫品ってことですね。
外観はそつのない作りです。さすがナショナル。面白みもありません。千円ですから。

Lightsw

電池のセレクターはお尻にあります。セレクターが電源スイッチを兼ねますのでSOSとかは送れません。セレクターと別にプッシュスイッチがあってもいい気がしますが価格効果を優先したのでしょう。防災ライトですから。そういうことにしましょう。

Lightincan

配光はあまり綺麗ではありません。ていうかレンズにバリがあって埃だらけだし。まあ千円ですから。そりゃいいんですが暗いです。ランタイム・光量考えるとこういうものこそLED化すべきだと思うのですが、まあ価格効果を優先したのでしょう。そういうことにしましょう。

Lightterralux

とはいえ暗いので改造しました。Terralux社がマグライトのLED化のために出しているTLE-6EB。Luxeon Rebelというタマを積んでます。直径微妙に太いのでライトを切削する必要があります。

Lightled

明るさはまあこんなもんかという位に改善しました。恐らく電池の持ちは似たようなものでしょう。コンバータが入っていて最後まで明るさを保とうとするので、生まれながらにダラ落ちであるフィラメントより見かけ上ランタイムは落ちるかもしれません。放熱が心配ですがまあこの明るさなら大丈夫か。
まあ東海地震への備えにはなりそうです。

|

« SEIKO SPIRIT 5S21 | トップページ | エナジャイザー ナイトストライク 5-LED スイベルライト »

きかい・きかい」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ナショナル 電池がどれでもライト:

« SEIKO SPIRIT 5S21 | トップページ | エナジャイザー ナイトストライク 5-LED スイベルライト »