« Bulova 60年代自動巻 | トップページ | Bulova Precisionistのベルトを変える »

MAG-LITE XL50

自分マトモな単3・単4ライトを、LED化したミニマグライトAAとEDC(常備)にキーホルダーに下げている単4電池の小型1Wライトしか持ってません。ほかはリチウムやリチウムイオン充電池仕様。
先日弟が帰省して、朝の四時から富士山に登るから3時間持つライトを貸してくれといわれてはたと困りました。1時間強烈に照らせるライトはあるが、3~4時間の長丁場に耐えるライトはあまりないのです。もちろん照度切り換え機能付ライトは持っていますが、ロービームへの入り方をいちいち説明するわけにもいかず。結局このときは日陰者扱いしていたLED化したミニマグAAで事なきを得ました。しかしネタライトでない、簡単に人に説明できて電池が持ち、確実なものの必要性を痛感したのでした。
で、マグライト。
http://www.maglite.ne.jp/lineup/led.html
あまり大きいのはカンベンということで、ミニマグAA LEDかXL100(単4電池×3)かと考えました。で。
http://www.youtube.com/user/magliteflashlights#p/a/u/1/UWCaYAZJ7cM
こんなの覚えるの無理だべ。
実は日本に輸入してない下位モデルがあるのでした。その名もXL50。
http://www.maglite.com/maglite_xl50_led.asp
これならクリックで点灯、ダブルクリックでロービーム、ストロボは忘れましょう。
さっそく取り寄せました。

X50body

全体の感覚は確かにどでかいソリテールですね。わりとそっけない造形です。電池は付属しますが、電池ケースのネジはがりがりでちょっとしんどい。後でグリスアップしましょう。

スイッチは電子スイッチで、ストローク小さくカチカチ決まります。もっとも暗電流もあるでしょうからロックアウト機構があるとよかったです。

X50lens

X50light

スムーズリフですが配光はスポット側は綺麗です。ワイド側はミニマグAAのように使えない感じです。中心にどーんとダークスポットが出来ます。
全体的には普通に使える感じです。3600円程度は安い買物でした。
なんでこれ日本で売らないんですかねえ。ホルキンさんとこで並行品売ってるけど。

|

« Bulova 60年代自動巻 | トップページ | Bulova Precisionistのベルトを変える »

きかい・きかい」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MAG-LITE XL50:

« Bulova 60年代自動巻 | トップページ | Bulova Precisionistのベルトを変える »