« ハミルトン 992B(2) | トップページ | Bulova Precisionist »

ハミルトン 992B(3)

992bmove

これがムーブメントです。
トゲトゲのついたわっかがバネ振り子のおもり部分になっていて、下のうずまきバネがバネになっていす(そのまんま)。バネが青い焼き入れ鋼でなく、銀色をしていることに注意してください。これがエリンバー合金です。温度及び耐磁をこれで実現しています。
拡大すると、どん。

992bescape

問題はバネ振り子のおもりに切り目がないことです。
参考までにふつうのバイメタル切りテンプの写真はこんな感じ(ウォルサム ヴァンガード)。

Vanguardbalance

トゲトゲ生やしたわっかが赤っぽい歯車の下とその反対側で切れていて、また銀色と金色の二重になっていることがわかります。ついでに下のバネは青焼きですね。
じゃあどうやって992Bは温度不感を実現しているのか。ふしぎですね。
まあ2万ちょい+分解掃除でこれだけ状態のいい時計が手に入るのがアメリカ懐中のいい所です。

|

« ハミルトン 992B(2) | トップページ | Bulova Precisionist »

とけい・とけい」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハミルトン 992B(3):

« ハミルトン 992B(2) | トップページ | Bulova Precisionist »