« ウガンダ | トップページ | ハミルトン 992B(1) »

ウォルサム 軍用 WW2

Waltham

ラジウム塗りの夜光時計はけっこう人を殺しています。
どういうことかというと、ラジウムを文字盤に塗り付けるとき、筆の穂先を舌で嘗めて穂先を尖らす慣習で、このとき口中に取り込み体内被曝するんです。
http://www.rist.or.jp/atomica/data/dat_detail.php?Title_Key=09-03-01-10

アメリカのラジウム時計がオクに出ていました。宣伝文句は
「まだ光ります」
いや、それはだめだろ。
怖いもの見たさで注文したら光りませんでした。残念やら安心したやら。
デザインはふつうですね。機械は軍用量産品なんでショボイです。

Move

調べてみたらこの時計の製作時期は「ラジウム嘗めるのはヤバイからやめとけ」という知見が普及した後のものでした。
安心したやら残念やら。
もうすこし古いものも欲しいような、おっかないような。

|

« ウガンダ | トップページ | ハミルトン 992B(1) »

とけい・とけい」カテゴリの記事

コメント

2ちゃんから来ました

投稿: ウイル | 2015年1月27日 (火) 07時30分

いらっしゃい
ゆっくりしていってね

投稿: なかた | 2015年1月27日 (火) 19時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウォルサム 軍用 WW2:

« ウガンダ | トップページ | ハミルトン 992B(1) »