« アキュクォーツが止まっちゃった(2) | トップページ | ウガンダ »

アキュクォーツが止まっちゃった(3)

12310001

分解写真はこれっ。
ばらして見ると音叉時計ですねえ。スプリングドライブのような機械式の痕跡も、クォーツ的なものもありません。

12310003

ケースに組み込んだ状態。やはり普通に音叉です。回路が抵抗とかトランジスタの手組じゃなくIC使っているのが進化の証です。
文字盤をはずしたところ。ここだけが唯一独特の部分。

12310002

竜頭のちょい上に巨大な楕円形の缶があります。これ水晶が入ってます。押し込むのは大変だったでしょうねえ。
バッチリ使えるアキュクォーツですがうっかり外さずにCTやって時間狂っちゃったのはひみつなのだ。時刻合わせしたら普通に戻りました。ホッ。
クォーツ時計も磁気には近づけちゃダメです。

|

« アキュクォーツが止まっちゃった(2) | トップページ | ウガンダ »

とけい・とけい」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アキュクォーツが止まっちゃった(3):

« アキュクォーツが止まっちゃった(2) | トップページ | ウガンダ »