« ハワード シリーズIII及びシリーズ3(2) | トップページ | アキュクォーツが止まっちゃった(1) »

ハワード シリーズIII及びシリーズ3(3)

Iii3move

さてご開帳。鍍金や模様はシリーズ3(右)のほうが派手ですね。しかしシリーズIIIは見慣れぬパーツが多くて楽しいです。
特に変わっているのは時間を司る調速機部分。ふつうこの部分は微細な調整のため「テンプ受」ごと簡単に取り外しできるようになっています。

3escape

実際シリーズ3はそうなっていますね。

Iiiescape

しかしシリーズIIIは、調速機の一部であるひげぜんまいが外のプレートに固定されています。これをありがたがる向きもあるようですが、客観的にみて整備性は悪いだろうなーと思います。
シリーズIIIは駆動音がやたら大きく、鍵巻きが面倒で、やたら重いので常用はしないつもりですが、魅力的なコレクションとして大事にしようと思います。

|

« ハワード シリーズIII及びシリーズ3(2) | トップページ | アキュクォーツが止まっちゃった(1) »

とけい・とけい」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハワード シリーズIII及びシリーズ3(3):

« ハワード シリーズIII及びシリーズ3(2) | トップページ | アキュクォーツが止まっちゃった(1) »