« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

CMの力

人感センサで太陽電池無し、光量はたかだか砲弾型3発だけど……
CMみたらほしくなっちゃった。
http://www.youtube.com/watch?v=Y7TVDbjCXBA&feature=player_embedded

こっちもステキ。
http://www.youtube.com/watch?v=nxG_4xqpUyo&feature=related

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オリエント グランプリ64

オリエントというのはあまり知られていないが伝統ある日本の三番手で、今はセイコー傘下になっていますが、かつては不思議な製品を作っていました。ライト付きの機械式とか、ねじ込み竜頭ですらないのに1000m防水を謳った製品とか、万年カレンダー付きとか。
で、話がちょっと逸れます。
かつて多石競争というのがありました。
軸受けなどにルビーを使うことで磨耗を押さえるのですが、従来メタルだった低速な歯車にもルビーを使ったり、軸受けを固定ルビー+バネで押さえたルビーにして衝撃を吸収したりで増える傾向にはあったのです。そこで日本人の悪い癖、数字が多ければ偉いんだ、という風潮ができちゃったのですね。
相場としては耐震装置なしの20世紀初頭の高級品が15石、アメリカ鉄道用の高級品が23石くらい。耐震(事実上落下と考えて良い)を考慮しない機構ではほぼこれで充分。これに繊細な部分から順に耐震装置の石をつけ、どんどん数が増えていきました。
国内では、自分の手持ちでは31石というものを持っています。
http://nakatajun.cocolog-nifty.com/wahoo/2009/07/post-e7b9.html
で、そこで突っ走ったのが我等がオリエント。
64石もある時計を発売しました。その名もグランプリ64。
64石である必要性はまるでなく、ただ東京オリンピックの年次にあやかっただけのようです。

Grandprix64face

顔はごくまともですね。しかし、中身は、どん。

Grandprix64balance

外周にびっしりルビーが(笑)。ただ、これローター(腕の動きで振動し、ぜんまいを巻き上げる自動巻きの心臓部)の経路に据えられているので、この動きをスムーズにするために完全な無意味ではないようです。実際、振り回しても自動巻きのガリガリ感がなく異様にスムーズに巻き上がります。
自動巻き機構はIWC社のペラトン方式の丸コピー。高度な機構ではあります。パクリですけど。しかもここに入れられたルビーはまるで無意味なものですけど。

Grandprix64auto_2

イロモノめいていますが作り自体はかなりよいものです。
オリエントは後にグランプリ100という上位機種を出しました。これは無意味に飾りルビー・サファイアが無闇と増えていて、追加されたルビーは装飾以上にはあまり機能していませんが、日差の調整機構に高精度のトリオスタットという機構を採用するなど、時計としての性能も確保はしています。この発売とともにグランプリ64にもトリオスタットが装備されましたが、今回の時計にはトリオスタット付いてません。
つまり今回入手したのは初期型、グランプリ64が最上位機種だったときの製品ということになりますが、トリオスタットは魅力的なのでいいやら悪いやら。
ちなみに俗に「オリエントの三馬鹿時計」と崇められているのがグランプリ100、万年カレンダー、キングダイバー1000です。愛されてますね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

eBayに挑戦してみよう(9)

ヤフオクだとアラート機能というのがありますよね。
単語を登録しておくとそのキーワードに合ったアイテムをメールしてくれる機能です。
eBayでは、まず検索して(例えばuniversal geneveで検索した例)、
299 results found for universal geneve [ Save this search and alert me later ]
と表示されます。
このSave this search and alert me laterをクリックすると、むこう何カ月アラートするか聞いてきますので、適当に答えます。ちなみに期間が切れても何も通告も無くぱったりメールが来なくなるので、あわてて再手続きしましょう。
これで毎日午後三時ごろ、新たにキーワードにヒットしたものがメールされてきます。
しかしそこは世界のeBay、メールに載せきれず「続きはここをクリック」でwebに飛ばされる状況も多いですが……

さてeBay編これでおわりです。
何か疑問があればコメントなどでお伝えください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

eBayに挑戦してみよう(8)

さて支払いです。送料が明示されている場合は、いきなりPaypalに飛ばされるのでパスワード入力で終りです。送料が決まっていない場合、しばらく待っているとむこうからインボイスという明細を送ってくるので、これまたPaypalでパスワード入力します。何もかもうまくいけば、出品者と何ら会話することなく終わります。
あとは待つだけです。
その後出品者を評価することになりますが、「Good Seller, AAAAA++++++」と書いとけば角が立ちません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

eBayに挑戦してみよう(7)

さて価格を確認し送料を確認したらいよいよ入札です。価格表示の横に入札ボタンがありますが、Place Bidと書いてある場合とBuy it nowと書いてある場合があります。
前者は普通に「入札」、後者はYahooでいう即落価格、つまりこの価格一発で落札になります。また、後者はさらにMake Offerという項目がついていることがあり、これは「即落は高すぎるがここまでなら」という札入れになります。こっちを選択すると期日まで他人との競争になり、たまにBuy it now価格を越えてしまうことがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

eBayに挑戦してみよう(6)

さてほしいものを検索しましょう。まずは(4)でやったネームでSign inして検索項目に「universal geneve」とか「surefire」とか適当なワードを入れます。出てくる量に愕然とすると思います。Include title and descriptionにチェックを入れるとヒットが増えますがゴミも増えます。
しかしちょいまち。特にsurefireとか検索した人は待ち。
日本に送付してくれるかが問題です。アイテムを選択した後、右下のOther item infoという項目を見ましょう。ここにShips to:という項目があります。
Ships to: United States
とかだったらアウト。アメリカ向け専用です。もしWorldwide(どこにでも売りまっせ)なら、Shippingの項目を見て、Change locationをクリックして日本の送料を適用しましょう。USPS Priority Mail InternationalとExpressとあったりしますが、のんびり待てる人は安価な前者を、不安症な人は時間は大してかわらないが今どこにあるか刻々教えてくれる後者を選びましょう。
Surefireでもよく探せば海外発送ありの所もあるのでがんばりましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

eBayに挑戦してみよう(5)

一応紹介しておくと、eBayでの入札を代行してくれる業者が数社あります。例えばセカイモン
http://www.sekaimon.com/
など。
これらを使うのも手ですが手数料が馬鹿にならず、eBayを使う理由のひとつには廉価なことが挙げられるので、自分はあまり使いません。アメリカ国内にしか出荷しないよ、という業者さんの中継に使うのはいいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

eBayに挑戦してみよう(4)

支払いはPaypalを通して行うのが基本なので、まずはPaypalのアカウントを入手しましょう。クレジットカード、または銀行のカードがあれば取得できます。方法については、
http://nakatajun.cocolog-nifty.com/wahoo/2010/05/post-7144.html
で書きました。
次にeBayに登録します。
http://www.ebay.com/
上のほうに「Welcome! Sign in or register」とありますのでregisterを選びましょう。名、姓、住所、国名、電話番号(090-xxxx-xxxxでいいです)。Create your eBay user IDにはいわゆるニックネームを入れます。ちょー重複しまくるので根気強くいきましょう。
I agree that:のところにチェックを入れます。あとはeBayから確認のメールが入るので、受付をクリック。これで登録されました。
次からはLoginでログインできます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

eBayに挑戦してみよう(3)

eBayのメリット・デメリットを整理しておきましょう。
メリット
・なんといっても膨大な量の商品
・順調に行けば相手とまったく交信なしで自動処理
・お金の動きが明朗
デメリット
・トラブったら英語力頼り
・時間がかかる
・たまに日本に輸出してくれない業者がいる
といったところでしょうか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

eBayに挑戦してみよう(2)

オークションサイトは、全世界的にはeBayが主流のようです。アメリカのヤフーオークション潰れてるし。eBayはアメリカやらイギリスやらと連携しているらしく、世界各国から出品されています。その量は想像を絶します。自分はウクライナの業者と取引した経験があります。
入出金が不安だと思いますが、以前紹介したPaypalを使うのが前提で、問題があればPaypalに調停を依頼できるため、かえってヤフオクより安全だったりします。金を払ったという証拠はきっちり残りますからね。
難点はなんらかのトラブル(発送遅延、故障等)があったときある程度の英語力が必要なことでしょうか。もっとも彼らの使う英語は高校英語よりよほどシンプルなので、大抵なんとかなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

eBayに挑戦してみよう(1)

http://www.ebay.com/
自分は時計収集を趣味にしていて、機械類、ライトなどにも興味を持っています。時計収集も、現行品より、工作機械の精度などが乏しく工夫でなんとかした古い時計が好きです。まあ、現行品は高くて買えないということもありますが。
で、古い時計を集めるのにオークションを活用しています。
主にセイコー・シチズンの旧型を集めていたのでヤフーオークションを愛用してきましたが、興味が昔の時計に広がってきて、ヤフーオークションの品揃えだけでは満足できなくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シチズン コスモトロン スペシャル

Cristronface

開始3000円で入札したら入札1で落札してしまいました。
顔だけみると本当に小汚いおっさん時計(ガラスの傷は磨けばなんとか)ですが、中身は結構すごいのです。

Cristronmove

ムーブメントを見ると機械式時計特有のばね振り子「テンプ」と、でっかい電池があります。頭を掻きむしりそうなレイアウトですがこれが電磁テンプです。ぜんまい時計の動力を電池におきかえたもの。毎日ぜんまいを巻く手間からは開放されましたが、精度は(ぜんまいのほどけ具合に起因する誤差はなくなりました)わずかな向上のみ。
この時計は電磁テンプ方式でも末期に属し、とうにクォーツは実用化していましたし、シチズンは音叉時計のライセンスも持っていました。あえてこれを作ったのは低価格な電池式時計がほしいという需要によるものですね。
せつない。
でもそれだけではないのですよ。
この時計は10振動を採用しています。クォーツなら毎秒1回、普通の機械式時計は毎秒5~8回程度針を動かしていますが、これは毎秒10回刻みます。普通の時計ならチッチッチッ……となる音が、チキチキチキチキと実にせわしない音になります。
さらに微動緩急装置(微妙な進み遅れを調整する機構)付き。
精度が上がります。
でも精度が欲しかったら音叉やクォーツがあったわけで。
スキマを狙った少しせつない時計ではあるのです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

まりたんは知ってたが

まさか軍公式資料になってるとは……
http://www.usfj.mil/Manga/Vol%201/Index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

納涼

某所に書き込んだ話。
814 名前:Cal.7743 投稿日:2010/07/25(日) 08:55:06
>>803
オクで「1976年退社記念」と彫ってある時計をゲットしたが
これ……年代考えると……遺品整理ですよね……

819 名前:814 投稿日:2010/07/26(月) 13:01:30
第二次世界大戦当時のドイツ国防軍の刻印がある腕時計をもっています
ただ取引相手の住所がウクライナ。
ああ、時計だけソ連人の手に残ったってことは、本人は……

827 名前:814 投稿日:2010/07/28(水) 02:46:18
ただドイツ国防軍時計はまだいいんですよ 実はスイス製だし
おっかないのはアメリカの古い夜光時計
放射線源がラジウムで
うら若き女工さんたちが筆で塗ったんですが穂先を嘗めて整えたんですよ
体内被曝しますよね
顎に癌ができまくって
確か確認死者が200人内外、っていったかなー
※あとで調べたらそれどころじゃありませんでした

828 名前:814 投稿日:2010/07/28(水) 02:54:58
そんでね
シチズン・ホーマーという大ヒットした時計に鉄道車掌用があって一本持ってるんですが
針の蓄光が死んでるんでバラして削り落として夜光塗料塗ったんですよ
自分で。
あとで知ったんですがそもそも蓄光じゃなかったんですよ。
プロメチウムによる放射能発光だったんですよ

シンナーで落とさずに研磨して落としちゃったんですよ

831 名前:814 投稿日:2010/07/28(水) 10:40:33
>>829
霊感あるから自分で祓えるんですよ
ホーマーは痛恨事でしたが、プロメチウムは半減期激短なのでまず大丈夫

好評なのでもう一件
骨董品屋で一万円でまっくろなスイス製の懐中時計買ったんですよ
これが90%銀で、表面は硫化していたので研磨したんですよ
まさに銀(いわゆるスターリングシルバー)のピカピカになりましたね
小躍りしました ムーブメントは15石(当時としては標準的)のスイス製でピカピカ
しかし裏にしつこい傷がありましてね モーターツールで磨いたんですよ
ひっかき傷による文字だったんですよ
「浩少尉」
あわてて研磨して鏡面仕上げしましたね
分解掃除して時々携帯しています

833 名前:814 投稿日:2010/07/28(水) 11:01:56
でね
>>827については公式資料があるんですよ
http://www.rist.or.jp/atomica/data/dat_detail.php?Title_Key=09-03-01-10
ラジウム塗りの時計、スイス製を中心に、何本あるか即座に把握できない

834 名前:814 投稿日:2010/07/28(水) 11:15:47
アメリカ製の懐中時計には「レイルロードアプルーブド」という規格がありましてね
うちには2個あります ウォルサム社のヴァンガードとハワード社のシリーズ0(ゼロ)
この大きな特徴として時間調整に竜頭を引けない仕様でしてね
時間調整のたびに表面のベゼルを手で回して外し、2時位置に隠されたレバーを引いて
竜頭を回す必要があるんです(剣引きとかレバーセットといいます)
なんでこんな面倒くさい仕様になってるかといいますとね
http://www.antique-pastime.com/seminar/1/33.html
http://www.rakuten.co.jp/katsuboya/142807/
今でも精度は出るんで毎日巻けばそもそも時計を合わせる必要ないんですけどね

840 名前:814 投稿日:2010/07/28(水) 17:40:17
>>839
ああそれはね
http://www.rist.or.jp/atomica/data/pict/09/09030110/01.gif
上からラジウム、ストロンチウム、トリチウム(ルミノックスとかマラソン
とかはまだこれ使ってる)、プロメチウム
だから大戦中のラジウム時計は放射線量はまだほとんど落ちてない(でも蓄光材が死んでるので光らない)
プロメチウムなんか半減期が2.62年しかないから、どう考えても時計の
使用期間の間に力尽きる(こっちは蓄光材はまだ生きているのでライトあてると数秒光る)
今売られているトリチウムは塗りはもうなくてガスをガラスカプセルに充填したもの
(クォーツの動力から考えるとクソ重い)なのでこれを貫く力はないがもし割れるとちょっとイヤ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »