« シュアファイア懐中電灯の改造について(3) | トップページ | シュアファイア懐中電灯の改造について(5) »

シュアファイア懐中電灯の改造について(4)

リチウムイオン充電池に18650という形式があります。外形はCR123Aを2個並べたくらいの、細長い電池です。RCR123電池が一個750mAh程度の容量に対し、18650は2,600mAhくらいありますから、CR123A×2用の電池室にこれを入れられればずいぶん稼働時間が期待できます。
しかし普通のシュアファイアには入りません。
18650はCR123Aよりわずかに太いのです。で、「Bored」。つまり18650が入るようにシュアファイア側の内径を広げてくれているわけですね。バルブさえ選べば(例えば↓とか)
http://www.sharker309.com/product/533
常時は18650で運用し、非常時は電気屋の馬鹿高いCR123Aでしのぐ、そんな使い方ができます。
充電器は日本国内で買いましょう。また、電池は必ず「プロテクト付き」のものを。
http://bam-boo.ocnk.net/product/497
http://www.dealextreme.com/details.dx/sku.20392
http://www.sharker309.com/product/131

|

« シュアファイア懐中電灯の改造について(3) | トップページ | シュアファイア懐中電灯の改造について(5) »

きかい・きかい」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シュアファイア懐中電灯の改造について(4):

« シュアファイア懐中電灯の改造について(3) | トップページ | シュアファイア懐中電灯の改造について(5) »