« リサイクル企画:懐中電灯(5) | トップページ | リサイクル企画:懐中電灯(7) »

リサイクル企画:懐中電灯(6)

実はシュアファイア6Pにはお兄さんがいるのでした。その名もシュアファイア9P。電池3個、すなわち9ボルトに対応した長いタイプです。かつては電池1個の3Pというモデルも存在しました。これらはバルブの構造が同じ、というよりヘッドとテールは完全に共通で、電池室(ボディ)の長さだけが違うのです。
で、ひらめきました。
シュアファイア9Pのバルブを使えば、相手は9ボルト用。6Pに充電池を入れて8.4ボルトになっても切れることはないでしょう。しかも9P用バルブは2種類あります。一時間持つ標準タイプと、20分で電池3本食い尽くす驚異の高輝度タイプ。
http://www.surefire.jp/product/detailAccessory.php?p_arrIndex[brand_cd]=1&p_arrIndex[category_cd]=3&p_arrIndex[subcategory_cd]=131&p_arrIndex[subsubcategory_cd]=131314&p_arrIndex[shohin_cd]=P91&p_arrIndex[accessory_flg]=1&cnodeNm=2&subNodeNm=0
ランタイム20分はあんまりだと思いますが、元々軍・警察の市街戦・突入用なのでこれでいいらしいです。この高輝度で電圧が多少低い分を相殺してくれたら……
ともかく、これを6Pに入れて充電池2本で点灯してみました。
おお、なかなかいける。
かくてシュアファイア6Pは自分のメイン懐中電灯になりました。
バイクガイのライトホルダー
http://www.cb-asahi.co.jp/image/kokunai/unico/mag.html
をつけてさっそうと通勤するのでした。

3pg29p写真は上から電池一本の3P、電池二本の(6Pの簡略版の)G2、電池三本用に延長チューブを入れて9P相当にした6P。確かに電池の分だけ長くなってます(6Pには光を拡散させるフタをつけ、お尻のスイッチを変更しています)。

|

« リサイクル企画:懐中電灯(5) | トップページ | リサイクル企画:懐中電灯(7) »

きかい・きかい」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リサイクル企画:懐中電灯(6):

« リサイクル企画:懐中電灯(5) | トップページ | リサイクル企画:懐中電灯(7) »