« リサイクル企画:懐中電灯(14) | トップページ | FeiLong FLM-590T II CREE MC-E »

Borel 腕時計

Borel古い腕時計が好きです。特に今では常識となったバネ棒(伸縮する棒で、ベルトを時計に はめこむために使う)を使わない、古いまたは軍用のタイプの時計が好きです。
で、またひとつ購入してしまいました。

Sidepush

機械は分解掃除済みで大変好調です。もっとも竜頭を引いて時刻を合わせる普通の時計の仕様になっておらず、竜頭隣のボタンを爪で押し込みながら竜頭を回すと時間合わせができます。つまり竜頭は引くことができません。この形式をカニ目とかダボ押しとか言います。

Back

背面には装飾の痕が見られますがかなり磨耗しています。銀無垢なのにモッタイナイ。

Movement

Hairspring

機械は装飾こそないものの中々まともな仕上げです。特筆すべきはテンプ、つまり時を刻む心臓部である調速機部分ですが、温度変化による時間の狂いを補正するバイメタル切りテンプ、そしてぜんまいがほどけてきた時の時間の狂いを補正するブレゲヒゲが付いています。ステキ。
た、だ、し。
問題は。

Boreland8

……大きいよ!
まあ割と気に入ったので使ってみようと思います。

|

« リサイクル企画:懐中電灯(14) | トップページ | FeiLong FLM-590T II CREE MC-E »

とけい・とけい」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Borel 腕時計:

« リサイクル企画:懐中電灯(14) | トップページ | FeiLong FLM-590T II CREE MC-E »