« リサイクル企画:懐中電灯(13) | トップページ | Borel 腕時計 »

リサイクル企画:懐中電灯(14)

さてシュアファイア6Pはパーツ交換で最新のスペックにできることが魅力でシュアファイア1本目として今でもお勧めできる機種ですが、3Pはとうに廃止になってしまいプレミアすらついています。シュアファイア社は電池1個の機種は特殊な小型仕様と考えているようで、たぶん3Pの再販はないでしょう。
まあとにかく、3P、6P、9PのPシリーズは互換性の高さが魅力です。部品を交換して機能を追加すること、またその部品も割高だが高品質で安心感のある純正か、安くて小回りが利くが信頼性はピンキリのサードパーティー製を使うか、いろいろ選べます。
そうした状況ななかで、「シュアファイア互換のヘッドとドロップインモジュールと本体チューブとテールスイッチ」を売る会社が出てきました。つまりはライト全部です。

6psolarforce

Solarforceはそういう「全部」を売る会社です。魅力的なのはL1mという3P相当のモデルがあること。しかも延長チューブがついて6P相当としても使えます。試しにふたつ買ってみました。なにしろドンガラが10ドル、ドロップインモジュールが10ドルと、諭吉さん単位のシュアファイアに比べたらバーゲンプライスです。つくりは多少ちゃっちいものの、安価に3Pもどきが作れて満足しています。
ただお尻のスイッチがリバースクリッキー(押し込んで離すと点灯、もう一度押し込むと消灯)なのがなー。シュアファイアはフォワードクリッキー(軽く押すと点灯、押し込んで離すとそのまま点灯、もう一回押し込むと消灯)で、一瞬だけ光が欲しいときとかモールス打つときはこのほうが便利なんですが。
さて懐中電灯編はこれでおわりです。
お読みいただきありがとうございました。

|

« リサイクル企画:懐中電灯(13) | トップページ | Borel 腕時計 »

きかい・きかい」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リサイクル企画:懐中電灯(14):

« リサイクル企画:懐中電灯(13) | トップページ | Borel 腕時計 »