« トリチウムについて雑感(4) | トップページ | 懐中電灯(2) »

懐中電灯(1)

懐中電灯を常時携行する癖があります。
会社勤めで現場に出て突然配電盤覗いたりマンホールに潜ったりする事態になるので、いつも小さな懐中電灯を持ち歩いていました。PCの裏覗くときなんかにも重宝しますしね。こういう用途で使うのをEDC(EveryDay Carry)と言います。
自分のEDCはFENIX社のL0P、
http://www.holkin.com/fenix-l0p.html
自分でパーツを選んで組み立てるFirefly(うちのはLuxeon社のLEDにCR123Aというカメラ用電池を1本使用)、カトキチ工房の壱式の3本。いま主に使っているのはL0Pです。ちいさいのでキーホルダーに付けて使っています。コイン電池を使うものよりちょっと長いですが明るさは段違い。
さて通勤では自転車を使っていました。こちらは泣く子も笑うシュアファイア社の懐中電灯をハンドルに固定していました。主に使っていたのはシュアファイア6P
http://www.surefire.jp/product/detail.php?p_arrIndex[brand_cd]=1&p_arrIndex[category_cd]=1&p_arrIndex[subcategory_cd]=111&p_arrIndex[subsubcategory_cd]=111116&p_arrIndex[shohin_cd]=6P-BK&cnodeNm=0&subNodeNm=0
です。65ルーメン(明るさの単位)と当時の自転車用ライトに比べたらぶっちぎりの明るさでしたが、カメラ用のCR123Aリチウム電池を2本一時間で使い切るという笑える燃費で、工夫して充電池で使っていました。
後にLEDバルブのP60Lが発売され、6PL相当にアップデートしました。
http://www.surefire.jp/product/detail.php?p_arrIndex[brand_cd]=1&p_arrIndex[category_cd]=1&p_arrIndex[subcategory_cd]=111&p_arrIndex[subsubcategory_cd]=111112&p_arrIndex[shohin_cd]=6PL-BK&cnodeNm=0&subNodeNm=0
P60Lはソウルセミコンダクタ社のSSC-P4を搭載、80ルーメンに明るさが向上したうえバッテリー持続時間も4時間程度(公称8時間)、充電池も使えこれでまともに使えるようになりました。
シュアファイアはご覧の通り冗談みたいに高価で自転車から離れるときは取り外して携行せねばならず、とはいえポケットに入らないからL0P(またはFirefly)は必要で、常に懐中電灯を2本持っていた勘定になります。

Surefiresize

さて写真は一番下が先述したFirefly、次がSurefire 6P、上はSurefire社の旧型でCR123A電池1本使用のSurefire 3Pです。3Pは廃止になって久しいのでちょっとプレミアついてます。
しかし同じ電池使う機械とは思えませんね。寸法が掴みにくい写真で恐縮ですが、Fireflyは普通に胸ポケットに入れられるサイズです。
3Pはバルブが入手難でしばらく放置していましたが入手したのでホコリを落とし、でもって……
LEDバルブ発注しちゃいました。

|

« トリチウムについて雑感(4) | トップページ | 懐中電灯(2) »

きかい・きかい」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 懐中電灯(1):

« トリチウムについて雑感(4) | トップページ | 懐中電灯(2) »