« リサイクル企画・コレクションの経緯(11) | トップページ | リサイクル企画・コレクションの経緯(13) »

リサイクル企画・コレクションの経緯(12)

Photo

セイコーはかつて諏訪と亀戸に開発拠点を持ち社内競合のような状態に陥っていた。さきに紹介したマーベル・クラウン系列は諏訪のライン。今回紹介するクロノスはクラウンのライバルになる亀戸の製品だ。クラウンとあまり変わらない? 確かに外観は似ているが、内部は微妙に違う。

Cronosinnner

写真で右側に写る金色の環が、何度かお話ししたテンプ、つまりばね振り子、時を刻む頭脳というべき部品だ。これを銀色の腕が支えるが、普通は一本のネジによる片持ち梁で固定するだけだ。この機械はテンプを通り越して橋となってもう一カ所で固定している。
ぶっちゃけ整備性は悪化した(下にあるヒゲゼンマイを調整しにくくなった)らしいが頑丈になったので精度は出たとか。

Goldfeatheroldnew

亀戸で気に入っている製品、ゴールドフェザー。写真は初期型と後期型(右が初期)だが、ご覧の通り問答無用で美しい。よくもまあ1960年にこんなものを作れたものだ。薄さのために無理をしすぎて失敗作扱いされているがうちの個体は好調だ。
今でこそデカ厚がブームだが、かつては各社が薄型を競った時期があり、ゴールドフェザーを手に入れてから他社の薄型機にも興味を持って購入した。

Dfgoldfeatherorient

左からシチズン・ダイヤモンドフレイク、セイコー・ゴールドフェザー、オリエント・ロイヤルオリエント。
うちにある亀戸製時計は他に44キングセイコーがある。セイコーの高級機種ネーミングはキングが亀戸、グランドが諏訪だったが途中でゴチャゴチャになった。

|

« リサイクル企画・コレクションの経緯(11) | トップページ | リサイクル企画・コレクションの経緯(13) »

とけい・とけい」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リサイクル企画・コレクションの経緯(12):

« リサイクル企画・コレクションの経緯(11) | トップページ | リサイクル企画・コレクションの経緯(13) »