« リサイクル企画・視認性について(6) | トップページ | リサイクル企画・視認性について(8) »

リサイクル企画・視認性について(7)

4 左からシチズン・ハイソニック、シチズン・ホーマー鉄道車掌用、セイコー・ロードマーベル36000、セイコー・マーベル。こうして見るとハイソニックの視認性が最も悪い(デザイン性が高い)ことがわかる。ちなみにカットガラスではなく文字盤に模様をつけたなんちゃって仕様だ。カットガラスは傷をつけたときに修復する手段が無いので状態が悪いものが多い&使ってて傷めるのが怖いので収集していない。
最近は腕時計、とくに機械式は趣味性が高くなったためかデザインも回帰している気がするが、瀬戸干支は高級機以外あまり見ない。復活してくれないかなあ。
並行品の中古がこんな値段じゃあなあ。
http://item.rakuten.co.jp/watch-jubilee/pa38/

|

« リサイクル企画・視認性について(6) | トップページ | リサイクル企画・視認性について(8) »

とけい・とけい」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リサイクル企画・視認性について(7):

« リサイクル企画・視認性について(6) | トップページ | リサイクル企画・視認性について(8) »