« リサイクル企画・視認性について(5) | トップページ | リサイクル企画・視認性について(7) »

リサイクル企画・視認性について(6)

Photo ローマ数字の文字盤やバーインデックス(棒だけの文字盤)がアラビア数字の腕時計に劣るというわけではない。そも腕時計の実用品としての地位は大幅に落ちているのだし、好みで楽しめばいい。
とはいえ視認性はやはり昔のほうが高かったような気がする。

Photo_2 これはセイコーのゴールドフェザー。全体的にすばらしい仕上げだが、視認性にも非常に高いこだわりがあることが見て取れる。



44king 次は44キングセイコー。これも非常に見やすい。キングセイコーは二番手とはいえ高級品扱いで、バーインデックスの植字などが磨き上げられキラキラして美しい。

|

« リサイクル企画・視認性について(5) | トップページ | リサイクル企画・視認性について(7) »

とけい・とけい」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リサイクル企画・視認性について(6):

« リサイクル企画・視認性について(5) | トップページ | リサイクル企画・視認性について(7) »