« スピーカーを購入する(5) | トップページ | ブローバ アキュトロン »

国際色

ふと見渡してみたら国際色豊かなオーディオになっていた。
・D/Aがスイス製、Stellavox ST-2 96/24、生産終了・後継機有。
・プリアンプがイギリス製、Creek OBH22、現行だがずいぶん古い。
・パワーアンプがデンマーク製、Acoustic Reality eAR252、最新型。
・スピーカーがドイツ製、ELAC FS249、現行(昨年発表)。
国・生産時期ともに統一感のかけらもないのう。
一応機械の傾向として「色付けの少ない透明な音」に近いものを選んだ感じか。
日本製を忌避しているわけではないのだが、高くてなかなか手が出ないのが正直なところ。一応スピーカーケーブルに古河電工製を使っている。

AVのほうは日本製がんばっていて、
・BDプレーヤーが松下製、DMP-BD10、旧式だが腐ってもBDプレーヤー
・LDプレーヤーがパイオニア製、CLD-R5
・AVアンプがパイオニア製、VSA-1018、昨年のタイプ
・モニター ナナオ製、FlexScan HD2452W、現行
・サラウンドスピーカー ヤマハ製、NS-10MM
・スーパーウーファー ヤマハ製、YST-SW160
ハイテク日本万歳である。

|

« スピーカーを購入する(5) | トップページ | ブローバ アキュトロン »

オーディオ・ビジュアル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国際色:

« スピーカーを購入する(5) | トップページ | ブローバ アキュトロン »