« スピーカーを検討する(補遺) | トップページ | スピーカーを購入する(2) »

スピーカーを購入する(1)

延々と前ふりをしてきて恐縮だが、結局ドイツELAC社のスピーカー、FS249を購入した。
購入価格498,000円は、定価(693,000円)を考えればかなりお値打ちに手に入った部類だろうが、個人的にはなかなか辛い決断だった。
なにしろQUAD 22Lはオークションで13万だったのだ。

同社製品で試聴したのはわずかにFS249とFS210CEのみ。しかしこの時点で、次はELACと決心した。
ELACは小型ブックシェルフタイプも強い。ていうかボディがアルミの押し出し材なんてのまで存在する。
が、今まで使っていたのがトールボーイタイプなのでブックシェルフは除外する。ただ後に試聴したブックシェルフも高音質で定位がよく魅力的ではあった。
最上級の600Line Seriesはお財布が無理。だいたい再生周波数55KHzまでって賢狼用ですかそれは。
あとはFS210CEだが、ちょっと悩んだが本来音質差をあまり聞き取れないほどならFS249でいいだろう、ということで止めた。トゥイーターが特殊な機構採用しているとかで高音に気をつけて試聴すればまた違ったのかもしれないが、ただでさえ特殊なトゥイーターを持つELACをさらに複雑にしても、ELAC慣れしていないとついてこれないんじゃないかという気がする。
FS247は魅力的だったが今まで使っていたQUAD 22Lが定価231,000円、247が294,000円とグレード的に大差ないことから、どうせならワンランク上を狙いたいと思い止めた。
消去法、後ろ向きな解決法ではあるな。

|

« スピーカーを検討する(補遺) | トップページ | スピーカーを購入する(2) »

オーディオ・ビジュアル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スピーカーを購入する(1):

« スピーカーを検討する(補遺) | トップページ | スピーカーを購入する(2) »