« 一巡してスピーカーを検討する(5) | トップページ | 一巡してスピーカーを検討する(7) »

一巡してスピーカーを検討する(6)

所有者の方々には不快になるようなことを書くかもしれない。糞耳のおのぼりさんの第一印象と思っていただきたい。
美声と評判の高いソナス・ファベールは一度聞いてみたかった。実際ショップでエリプサ(260まんえん)はふるいつきたくなるような声で歌っていた。
しかしでかい。
こんなもの仮に金があったって部屋に入らねー。
で、なんとか手が届かないこともないクレモナMを鳴らしてみてもらったらエリプサよりかなり落ちる印象でがっくり来た。単体のポテンシャルはメチャクチャに高かったのだが、先に聞いた相手が悪かった。
さらに下にグランド・ピアノ・ドムスという機種があり、これくらいなら自分の予算でも手が届く域だったが、既に興味を持てなくなっていた。
ただしどちらも仕上げはとても美しい。なにしろ製造工程がこうだもんなァ。
話は変わるがスピーカーの前面を覆いスピーカーを保護する布をサランネットという。これはスピーカー保護にはなるが音質は悪化する。
そこで、現行ソナス・ファベールのほとんどのスピーカーは音質に影響が少ないというゴムのすだれ状のものを使っている。が、これゴムだけにびろんびろんで、保護の役にまったくたってない。なら無くてもいいじゃないかと思うが実際取り外しもできる。劣化も早いらしい。謎だ。

|

« 一巡してスピーカーを検討する(5) | トップページ | 一巡してスピーカーを検討する(7) »

オーディオ・ビジュアル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一巡してスピーカーを検討する(6):

« 一巡してスピーカーを検討する(5) | トップページ | 一巡してスピーカーを検討する(7) »