« オリジナル・ノーチラス(4)・電脳コイル | トップページ | 一巡してスピーカーを検討する(2) »

一巡してスピーカーを検討する(1)

オーディオを本格的に意識したのは、高校生時に親に買ってもらったAKAIの16万ほどするバブリーなミニコンポだった。一応セパレートでRCAピンケーブルで相互を接続する、割と本格的なつくりだった。スピーカーは50cm×28cmの3way。これは愛聴した。
しかしAVに片足つっこんでLDプレーヤーを購入、その後清水の舞台から飛び下りる気持ちでAVアンプのパイオニアVSA-D7を購入した。
しかしよく確かめずに買ったため、アナログ5.1chが付いていないのに気づかなかった。しかもdTSに非対応だった。音はいまいちだったが、これをAKAIのスピーカーのせいと考えQUAD 11Lにしたのが運の尽き。
もっと、もっといい音で鳴らしたい!
幸いVSA-D7は全チャンネルにプリアウトがついていため、フロント2チャンネルにパワーアンプを追加したらずいぶん音が良くなった。パワーアンプといってもカマデンから出ていた五千円のデジタルアンプキットだが。
プリアウトとパワーアンプの間にパッシブプリを入れることでピュアオーディオの音質も大幅に改善した。

|

« オリジナル・ノーチラス(4)・電脳コイル | トップページ | 一巡してスピーカーを検討する(2) »

オーディオ・ビジュアル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一巡してスピーカーを検討する(1):

« オリジナル・ノーチラス(4)・電脳コイル | トップページ | 一巡してスピーカーを検討する(2) »