« アンプが到着する(外観編) | トップページ | アンプが到着する(インストール聴取編) »

アンプが到着する(外観比較編)

R0010731 下は今まで使ってた、MARANTZを逸品館Airbowが改造したSM6100/KAI3。まあ標準的なサイズだ。これと比すると……あんまり小さくないね。調べてみたら、eAR 252の臓物であるICEPower 250ASX2は8×21cmもあるらしい。それでもまだでかいので恐らく他のモデルとケースを共用しているのであろう。
R0010729 スピーカー端子はWBT社のWBT-0710Cuが付いている。定価は4個17,430円。要所には金がかかっている。さすがWBT、接続性もよい。ともかく250ASX2である。前作であるASPシリーズより歪みが半分、ダイナミックレンジは4db増加、7%以上エコであるらしい。まあ前機種と比較する機会もないので、ふーんという他は特にない。ホームページではいかに自分たちがエコであるか宣伝しているが、なら電源スイッチが背面なのをなんとかしろという気はするな。

|

« アンプが到着する(外観編) | トップページ | アンプが到着する(インストール聴取編) »

オーディオ・ビジュアル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アンプが到着する(外観比較編):

« アンプが到着する(外観編) | トップページ | アンプが到着する(インストール聴取編) »