« 思えば遠くに来たものだ | トップページ | mixi station »

P・S・E!(虫干し)

2006年の電気用品安全法改正時、旧法対象で新法対応がなされていない機器は中古でも販売不可能との解釈でずいぶん社会に騒乱をもたらしてくれたのは旧知の通り。
http://nakatajun.cocolog-nifty.com/wahoo/2006/03/pse_7c75.html
その後同法が改正され、
「旧電気用品取締法に基づく表示のある中古の電気用品は、手続き無しでそのまま販売することができるようになりました。これにより、いわゆるビンテージものと呼ばれる電気楽器等(電気楽器、電子楽器、音響機器、写真焼付器、写真引伸機、写真引伸機用ランプハウス及び映写機をいう。)についても旧法表示を確認するだけで販売を行うことができます。旧法表示の無いものについては、引き続き特別承認制度を利用し、販売を行うことができます。」
となった。つまり旧法対象商品は全て、また旧法以前の製品でもビンテージ品と認められれば販売が可能となった。で、そのリストがこれだ。
http://www.meti.go.jp/policy/consumer/seian/denan/tetsuduki_annai/vintage/list070604.pdf
発表当時あまりのずさんさに評判となったリストだが、今に至るもB&Oとバング&オルフセンが別会社として記載され、あまつさえ機種がダブって計上されていたり、ELEPIAN EP-61CとEP-61Cがダブって計上されていたりと先は長い。なにしろ157ページ中15ページを見ただけでメチャクチャなのだ。ラストまで見たら何が起こるか想像もつかない。あ、ラストに日本コロムビアがある……コロムビアと日本コロムビアとDENONが別計上されとる……

|

« 思えば遠くに来たものだ | トップページ | mixi station »

きかい・きかい」カテゴリの記事

オーディオ・ビジュアル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: P・S・E!(虫干し):

« 思えば遠くに来たものだ | トップページ | mixi station »