« アンプが到着する(インストール聴取編) | トップページ | つかんじゃいました »

ICEPowrに関する考察(1)

eAR252は3日以上通電させっぱなし。XLOのバーンインCDは音がきっついので河のせせらぎ音や波の音を極力鳴らしっぱなしにするようにしていたら、ちょっと懸案だった高音もきれいに鳴くようになってくれた。一時はバイアンプのLo側にもってきてHiはSM6100SA/KAI3で聞くかとまで思い詰めただけに一安心。
手に入りさえすれば素晴らしいアンプだと思う。しかし注文対応がイマイチだったのであまり人様にオススメしたくない。国内代理店ができればまたぞろぼったくり価格になるのだろうし。
1000Refの写真を見たがスピーカー出力端子部にコンデンサか何か付いてるだけでICEPower 1000ASPほぼそのままだった(ASPシリーズ、ASX2シリーズは電源までオンボードなので、文字通りボードと端子だけで完結する)。恐らくeAR-252もヒネリもなく250ASX2が入っているだけだろう(250ASX2は2ch)。分解して見ろって? それはまた先の話。
ICEPowerモジュールを個人に販売してくれればなァ。

|

« アンプが到着する(インストール聴取編) | トップページ | つかんじゃいました »

オーディオ・ビジュアル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ICEPowrに関する考察(1):

« アンプが到着する(インストール聴取編) | トップページ | つかんじゃいました »