« アイスパワーに関する考察(2) | トップページ | アイスパワーに関する考察(4) »

アイスパワーに関する考察(3)

ASX2は第三世代というが、話はそうシンプルではないらしい。ASPシリーズから省略された機能があるようだ。ASPシリーズはボードがバランス入力に対応するが、ASX2はこれに対応しない。アンバランスのみだ。
ちなみにAシリーズは電源をボード上に搭載せず外部電源が必要なのだが、ASPシリーズはこれに電力を供給することが出来る。また、逆に言えばAシリーズならでっかいトロイダル電源とか選び放題だ。
http://www.icepower.bang-olufsen.com/files/solutions/icepowerasx2_v.3_final.pdf
今のところASX2シリーズが音質的には最良とされているようだ(世代が一番新しいため)。しかし250Wもいらんから小さいの出してくれんかな。250ASX2が21×8cmもあるのに対し、50ASX2ならわずか11×8cmなのだ。
ICEPowerモジュールを個人に販売してくれればなァ(またかよ)。

|

« アイスパワーに関する考察(2) | トップページ | アイスパワーに関する考察(4) »

オーディオ・ビジュアル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アイスパワーに関する考察(3):

« アイスパワーに関する考察(2) | トップページ | アイスパワーに関する考察(4) »