« PCオーディオを振り返ってみる(8) | トップページ | アンプを検討する(1) »

ユニバーサル・ジュネーブ トリコンパックス

ふわふわ時間までCD化かあ。
さらに各個人CD四枚にサウンドトラック。商売がえげつないのう。OP/EDしか買わないけど。

Tricompax_face まあ、それはともかく。
しばらく間が開いたがまたユニバーサル・ジュネーブです。
ちょっと前に入手報告だけしたやつが帰って来ました。

Tricompaxfaceup 顔はこんな感じ。中央にでんと居座っている秒針のようなものがストップウォッチとしての機能を果たすクロノグラフ針ですね。外周には区間速度を計測するためのタキメーターが付いています。内部にある四つ目の上が月齢表示、その外周が日付表示、右はクロノグラフ(ストップウォッチ)の分積算機能、下は12時間積算機能(12時間測れるストップウォッチとして機能するということです)、左は永久秒針となっています。二つの四角い枠は月と曜日を表示できるようになっています。正直説明されなきゃなにが何だかわかりません。
文字の塗料はたぶんラジウムだと思います。そういう時代の時計です。
Tricompaxside サイドにもボタンがびっしり。なにしろ月やら日やら月齢やらを自前で合わせなくちゃなりませんから。この時計は残念ながらパーペチュアル(大の月・小の月・閏年の自動判別)ではないので、小の月の月末には自分でボタンを押して調整しなければなりません。それを忘れないほどマメな人に対し、今月は八月だよとか表示する必要が果たしてあるのか甚だギモンですが、まあ技術力を誇示するために付けちゃったというのが本音なんじゃないかと。曜日の早送りボタンは無いので、最悪竜頭を1444時間分ぐるぐる回して曜日を送らなくちゃならないのはご愛嬌。もっとも同じユニバーサル・ジュネーブ社の「ホワイトシャドウ」に至っては日送り機能がないので最悪竜頭を三十日分回す必要が……
まあ、自分はそもそも曜日が狂っていても合わせませんが。
Tricompax_back とはいえ技術力を誇示するお飾り時計かというとそうでもなく、各部はかなり頑丈に作ってあります。裏蓋も異様に頑丈で、ネジ等の作りも高品質になってます。高品質なネジを回すときの、あのぬるっとしたような感覚を味わえます。無論グリスなど塗られていません。つーかまだゴムパッキンが入ってない時代。

Tricompax_movement さてご開帳。どん。すばらしい。見事なムーブメントです。ガトー少佐も唸ります(誰?)。
さらに拡大。
どどん。

Tricompaxhairspring 下に見えるトゲトゲのついたわっかが「テンプ」といい時計機能の心臓部のひとつです。内側にうずまき状のばね(ヒゲゼンマイ)が見えますが、機械式時計はテンプが重り・ヒゲゼンマイがばねとなってバネ振り子を形成することで時を刻むのです。心臓部だけにここは見どころが多数。
テンプには多数のトゲトゲが生えています。これはチラネジといい、工作精度が充分でなかった時代にテンプの精度を上げるための調整重りです。
ヒゲゼンマイはよく見ると左側で最外周が撥ね上げられ内側に折り込まれているのがわかると思います。これはぜんまいがほどけてきた時に等時性を保つ工夫で、この構造をもったヒゲゼンマイを「ブレゲヒゲ(または巻き上げヒゲ)」と呼びます。極めて高い工作技術を要求し、ヒゲを撥ね上げた分だけ機械の厚みも増してしまうので、現在はほぼ廃れました。
テンプの軸(天真)にはピンク色のルビーの軸があります(これはアタリマエ、超高級機ではダイヤモンド製なんかも)。天真は極めて細く、衝撃で簡単に折れてしまいますが、こいつはルビーの筒の上にかぶせたルビーの皿を金色のばねで押さえることでショックを吸収するようになっています(耐震装置)。今時9,800円のファイブにも付いてる機構ですがこの時代としてはやはり素敵。
調整は万全でブレゲヒゲ特有のうにょんうにょんした動きが楽しめます。
Compaxseries 最後は手持ちのコレクションを整列。左からコンパックス、トリコンパックス、コンパックス(比較的古いタイプ)、ダトコンパックスです。これだけで50万かかってるのはヒミツ。トリコン一本で他の三本くらいの価格することはもっとヒミツ。
ユニバーサル・ジュネーブ社の時計が何本自宅にあるか自分でもわからないのはヒミツ。
セイコーとどっちが多いかよくわかんないくらい多いのもヒミツ。

|

« PCオーディオを振り返ってみる(8) | トップページ | アンプを検討する(1) »

とけい・とけい」カテゴリの記事

コメント

僕もユニバーサルファンです。
写真の黒の文字盤のトリコンはウィキペディアにも投稿されているものですね。

既にどなたか指摘されているかもしれませんが、突然失礼な書き込みになってしまいますが、これはリダンだと思いますので、ウィキペディアの写真は適当ではないかもしれません。

わかりやすいのが、外周の80と内周の45、外周の240と内周の15の目盛り位置がかなりずれています。また、針、竜頭にも違和感があります。

失礼します。

投稿: 通りすがり | 2018年11月18日 (日) 14時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ユニバーサル・ジュネーブ トリコンパックス:

« PCオーディオを振り返ってみる(8) | トップページ | アンプを検討する(1) »