« ステラボックスST2 96/24ゲト | トップページ | ユニバーサル・ジュネーブ フル・サイズ »

STELLAVOX ST-2 96/24

St2ゴールドムンドがやり玉にあがっているこの時期だが標記導入した。往時は36万ほどした製品だが96khz迄しか対応しないということでかなり安く買えた。今時は192khzらしい。分解能が16bitから24bitになるのは素晴らしいと思うが、96khzが192khzになったのをブラインドで聞き分けられるとしたらそれは賢狼の類の人だろう。中身はALIZE2という話だ。なおST-20という新型が近々発売されるらしい。こいつはALIZE7だそうだ。
入力は同軸×2、AES/EBU×1。出力はRCA×1、バランス×1。光入力はないのでAirmac Expressは繋がらない。仕方ないので現行DACを残してその同軸出力にぶら下げた。このへんは機材は買ってあるのでいずれ改善する。
R0010614 あまった端子はマイクロソリューションのやわらかなピンジャックAVプロテクターでカバー。まあ紳士の嗜みだ。
http://www.micro-solution.com/pd/audio/pjc.html

音は解像度が大幅に上がった印象。シンバルがしゃんと鳴る。あと低音がしっかり出る。ホルストの海王星がやっとまともに聞けるようになった。

電源ケーブルは付属が3P専用だったため使えずそのへんのよくわからないケーブル(多分PC用だろう)を使っており、足はゴム足で、入力は変換に変換を重ね、同軸ケーブルはビデオ用で、ヒューズとか交換せずこれだからやれることは多い。それともあまり深く考えずに聞くか。

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ←この記事に共感されたらクリックお願いします

|

« ステラボックスST2 96/24ゲト | トップページ | ユニバーサル・ジュネーブ フル・サイズ »

オーディオ・ビジュアル」カテゴリの記事

コメント

うご~~~

なんたるち~や!なんたるうらやましさよ!

ちなみに、おいくらでしたか訊くのは駄目ですか?(爆)

PCオーディオについては数日前からちょこちょこ書いているのですが、なんかふざけた文章になってしまってアップして良いのか悩み中・・・

投稿: pastel_piano | 2009年2月10日 (火) 22時21分

変なトラパは消すのが吉w

投稿: pastel_piano | 2009年2月10日 (火) 22時22分

ずばり14万1千円です。
18万出すと店舗で買えちゃいますので、冷静に考えるとあんまり安くないのかもしれませんが。過去履歴見ると12万くらいで落札した例もあるようです。
本当はJOB DA96が欲しかったんですが。

投稿: なかた | 2009年2月10日 (火) 22時33分

あ、自分に関してなら全然かまいませんのではっちゃけちゃって下さい。

いやはやGUNHED#2ってこんな音入ってたんだ。
で22Lはそれを再生するポテンシャルを持ってたんだ。知らなかった。

投稿: なかた | 2009年2月10日 (火) 22時47分

億ションでしたか。

私はまたアメリカから変な物を買ってしまいました。今メールで交渉中。。。イギリス製のDAC2機種も視界に入ってます。という感じでDACカテゴリを今年は充実させられるかも!?

投稿: pastel_piano | 2009年2月10日 (火) 22時48分

なかなか通販している店見つけられずにいるうちにヤフオクに出品されたもので。まあ冒険でしたがうまくいった感じです。
DAC記事楽しみにしています。最近になって表にUSBコネクタ、裏にアナログ出力という配置の理由が分かりました。デジタルとアナログを一枚の基板でせいいっぱい分け、それぞれのシグナルパス最短にしようとするとああいう構造(片方が入り口で対面が出口)になるのね……

投稿: なかた | 2009年2月10日 (火) 22時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: STELLAVOX ST-2 96/24:

« ステラボックスST2 96/24ゲト | トップページ | ユニバーサル・ジュネーブ フル・サイズ »