« PCオーディオなど語ってみよう(9) | トップページ | PCオーディオなど語ってみよう(11) »

PCオーディオなど語ってみよう(10)

6.アンプについて
プリメインアンプを買おう。
しかしながら現在主流であるプリメインアンプというのは一種の合体メカだ。元々はプリアンプとパワー(メイン)アンプに分かれていたものを一体化させたものだ。プリは入力切り換え、入力のレベルにあわせた増幅、トーンコントロール等を行い、パワーはただ増幅するだけのものだった。ところが入力をトリートメントする必要のある機器の代表格たるアナログレコードが衰退してしまい、これらをセパレートにする必要は激減した。かくて今の主流はプリメインアンプ(インテグレーテッドアンプ)である。PCオーディオではセパレートにするメリットが少々あるがそれはまた後日。
さてプリメインアンプで安めのものというと
DENON PMA-390AE
http://denon.jp/products2/pma390ae.html
MARANTZ PM-4000
http://www.marantz.jp/ce/products/audio/amplifier/pm4001/index.html
などが代表的か。入力切り替えなどを切り詰めて、デザインも我慢すればラステーム・システムズ社のRSDAシリーズが視野に入る。
http://www.rasteme.co.jp/product/audio/rsda202/rsda202.html
おもちゃと笑ってはいけない。某社のブラインドテストでアキュフェーズの数百万円のモデルに勝ってしまったのだ。ただし、PCオーディオなら以下のモデルのほうがいいかもしれない。
RSDA302P/U
http://www.rasteme.co.jp/product/audio/rsda302/u/rsda302u.html
http://www.rasteme.co.jp/product/audio/rsda302/p/rsda302p.html
一万円高いがPは光デジタル入力を持ちDACを省略できる。Uに至ってはUSB入力を持ちサウンドカードすら必要ない。
USBに対応するといえばNuforce ICONもあるが
http://www.nuforce.jp/icon/products.html
ちょっとだけ高くなる。でもかっこいいね。USB入力の性能は並らしいが。やっぱDACか。

AVアンプはDACを内蔵している。サウンドカードの出力をそのまま受けることができる。またDVDなどの立体音響も再生できる。おまけに比較的安価だ。でもPCオーディオ用としてはいったん置いておこう。
プリメインアンプなら2チャンネルで済む構成を、AVアンプは6チャンネルに割り振らなければならない。さらにDSPやら何やら大量に必要だ。同じコストで同じ性能にはならない。

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ←この記事に共感されたらクリックお願いします

|

« PCオーディオなど語ってみよう(9) | トップページ | PCオーディオなど語ってみよう(11) »

オーディオ・ビジュアル」カテゴリの記事

PCオーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PCオーディオなど語ってみよう(10):

« PCオーディオなど語ってみよう(9) | トップページ | PCオーディオなど語ってみよう(11) »