« セイコー ロードマーベル36000 | トップページ | PCオーディオなど語ってみよう(14) »

PCオーディオなど語ってみよう(13)

9-1.PCの静音について
うっかり豪快な目次付けちゃったなあ。
PCとてオーディオというからには静寂時に冷却ファンがブンブン唸っていては興醒めというものだ。CDの駆動音並を目指したい。
かつては静音パソコンやHTPC(ホームシアターPC)といった発想がなかったためファン騒音が大嫌いな筆者はかなり苦労して静音化した。最近は静音パソコンやパーツが増えて良い。
とはいえ今ある機器を静音化するのは大変だ。自作パソコンならどうとでもなるが、既製品では改造の域になる。昨今ネットブックが安いので、ファンレスのネットブックを購入してNAS(ネットワーク上に繋ぐハードディスク)上にデータを置くのがおりこうさんかもしれない。
デスクトップではオンキョーHDC-1Lが静音を強く謡っており、確かにCPUファンレス、2.5inハードディスク搭載と静音そうな構造なのだが
http://www.jp.onkyo.com/sotec/hdc1l/index.html
デジタル出力がないのだ。またハードディスクの容量も小さく大量の曲搭載には不安が残る。さきにWindowsのカーネルミキサーの弊害について述べたがこれを回避する独自のPDAPなるプログラムを持っている。しかし外部DACが付かない。USBオーディオやAirmac Expressを使ったらPDAPは台無しだ。
なんとも微妙なことだ。

自作パソコンを静音化・高音質化するノウハウについては次回。来年か。

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ←この記事に共感されたらクリックお願いします

|

« セイコー ロードマーベル36000 | トップページ | PCオーディオなど語ってみよう(14) »

オーディオ・ビジュアル」カテゴリの記事

PCオーディオ」カテゴリの記事

コメント

明けましておめでとうございます~♪
ブログの方、クリスマスあたりから更新復帰しました。本年もよろしくですd(^_-)

投稿: pastel_piano | 2009年1月 1日 (木) 08時49分

あけましておめでとうございます。

どーも。ご無沙汰しております。
記事の方は相変わらず楽しく読ませて貰ってます。
ゲーム用システムに907FX使ってる都合HDC-1Lちと興味あったんですが厳しげな雰囲気ですね。手持ちのUA-1EXと近々退役予定のNAS(1TB)組み合わせると使いよさげで期待しておったのですが、気づいてみればケースサイズとR1リンクしか利点が無いという。リモコンも恐縮ながらRemote利用環境が揃ってるので利点にならずと。
お蔭様で失敗する前に購買欲が霧散しました。

投稿: さのじ | 2009年1月 2日 (金) 23時20分

>ぱすてるさん
今年もよろしくお願いします。またいろいろお邪魔します。

>さのじさん
HDC-1L、確かにR1リモート端子が付いててアンプと連動起動できるとか魅力なのですが、先述の通りデジタル出力が付いていないこと、今時モニター出力がVGAオンリーであること、汎用マザー流用したためか出力端子が気合入ったやつとダメなやつの二系統あって入力はダメなやつしかないことなど、詰めの甘さをかなり感じます。
どうせならBD積んでHTPCとして出してくれませんかねえ。

投稿: なかた | 2009年1月 3日 (土) 19時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PCオーディオなど語ってみよう(13):

« セイコー ロードマーベル36000 | トップページ | PCオーディオなど語ってみよう(14) »