« インシュレータを敷く | トップページ | ピアノのなせる業と神髄 »

ハイソニックが帰って来た

Hisonicface

音叉時計というのは一度は主流になるかと思われた、音叉の振動を利用して時間を合わせる時計のことだ。機械式より精度は高く直後にクォーツが出て全てパアになった。いまではオーバーホールを受け付ける先もほとんどない。なんとか一件みつけて依頼した。
Hisonicmovement

しかしクォーツにも機械式にも似ない面妖な機械ではある。日差は3秒程度と機械式より高くクォーツにはボロ負けする。これはちょうどいい。

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へこの記事に共感されたらクリックお願いします。

|

« インシュレータを敷く | トップページ | ピアノのなせる業と神髄 »

とけい・とけい」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハイソニックが帰って来た:

« インシュレータを敷く | トップページ | ピアノのなせる業と神髄 »