« 自衛隊の新型戦車 | トップページ | ケーブルレリーズ素晴らしい »

Caplio GX100

皆からやめとけと言われていたが1cmまで寄れるマクロに惹かれてリコーのデジカメ、Caplio GX100を買っちゃったのであるな。
ビューファインダーはあまり役に立たないので速攻お蔵入り。
R0010012 R0010017 マクロはやはり楽だがテレ端マクロでボケ活用しようとすると当然マニュアルフォーカス活かさねばならず液晶の解像度もうちょっと上げてほしいと思ったり。後者の写真はテンプ(トゲトゲの付いたわっか)を狙おうとして緩急針(銀の長い針)にピントがあっちまいやんの。
のちのち広角側も試してみたい。

|

« 自衛隊の新型戦車 | トップページ | ケーブルレリーズ素晴らしい »

きかい・きかい」カテゴリの記事

コメント

緩急針に合ってるお陰で作品としては正解だと思います。
講評の件の例えはアオリ使用前提なのであまり囚われ過ぎない方が良いですよ。

ベーススライダーとテーブル三脚、ケーブルレリーズなんかあるとマクロ撮影が楽しくなるのでお勧めです。命中率と露出の自由度が確実に上がるので騙されてみて下され。
ユーエヌ・ミニスライダー
ベルボン・ULTRA MAXi mini
↑らへん買っとくと間違いなさげ。ケーブルレリーズは専用品が在りますよね?

投稿: さのじ | 2008年2月25日 (月) 23時16分

三度目の正直。
コメント蹴られまくってるでござる。

騙されたと思って
「テーブル三脚」「ベーススライダー」「ケーブルレリーズ」
の三点を装備に加えるとマクロがより楽しくなると思われます。
ベルボン:ULTRA MAXi mini
ユーエヌ:ミニスライダー
辺りを試しに導入してみるのが間違いないかと。

投稿: さのじ | 2008年2月26日 (火) 21時56分

をー。
前のコメントが生き返った。

すいません。目障りのようでしたら消去願います。

投稿: さのじ | 2008年2月26日 (火) 21時58分

おおー。ご指導ありがとうございます。
ボ撮るんですでがんばっていた時期もあったのですが、やはり三脚あったほうがいいですね。ご指摘通り、手持ちやボ撮るんですではピント出してから動いてしまうこともままあります。時計の場合それで狙った歯車と違うパーツにピントが行ってしまいます。
2月はGX100とヘルシングと電脳コイルと散財したので、3月になったらベーススライダーとミニ三脚、ケーブルスイッチ(とリコーは呼ぶらしい)狙ってみたいと思います。花撮影するなどにも使えそうですね。

投稿: なかた | 2008年2月27日 (水) 20時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Caplio GX100:

« 自衛隊の新型戦車 | トップページ | ケーブルレリーズ素晴らしい »