« 文字盤について(3) | トップページ | ロードマチック »

文字盤について(4)

44king キングセイコーは写真だとぱっとしない。が、実は植え込まれたバーがそれぞれきっちり面取り・磨き上げをされておりキラキラと輝く。このへん最近のグランドセイコーと同様である。


Marathon 変わったところではトリチウムカプセルをつかったものも持っている。トリチウムという放射能と蛍光物質を混ぜたガラスの筒を文字盤と針に貼り付けているのだ。普通の蓄光では袖に入ってしまいここ一発というところで光らなかったりするが、この方式なら問題は起こらない。若干漏れる放射線は根性でカバーだ。
この方式を採用する大手としてはルミノックス社があるが、脆弱なronda社のクォーツ臓物に重い針を乗せたためあまり評判はよくない。自分のは超旧式の中古(払い下げ品)なので「本物」とは自慢できるが、古いだけに暗い。

|

« 文字盤について(3) | トップページ | ロードマチック »

とけい・とけい」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 文字盤について(4):

« 文字盤について(3) | トップページ | ロードマチック »