« 文字盤について(2) | トップページ | 文字盤について(4) »

文字盤について(3)

次に浮き字という方式がある。文字盤を裏からひっぱたいてマークなどを浮き上がらせる方法だ。ちょっと探したが整備待ちのガラクタ箱にしか見つからず。
Lordmatic その次は植字だ。これは旧型のロードマチック。ぱっと見先日の塗りとかわらないように見えるが、これは文字を板で作りそれに足をつけ、文字盤に穴をあけてそこに接着するという手間をかけている。おかげで横から見たときなど、垂直に文字がきりたっていてカッコイイ。
またこの文字盤、盤に絹目という処理がされていて日光がキラキラ反射せず見やすい感じになっている。さすがLordの名を冠した機種だけのことはある。

|

« 文字盤について(2) | トップページ | 文字盤について(4) »

とけい・とけい」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 文字盤について(3):

« 文字盤について(2) | トップページ | 文字盤について(4) »