« 時計全般 | トップページ | コレクションの希望 »

コレクションの志向

特にセイコー製品と限ったわけではないが、歴史の切り換え点になった機種、「やっちまった」機種が好きだ。精工舎(現在のセイコー)が始めて作った腕時計「ローレル」は入手した。次の世代のモリス型も日常使用している。その次のネーション型はジャンクだ。これで戦前は廉価版ラインを除き一応押さえた。戦後はまだまだコレクションしたい機種がたくさんある。
そんなにボロ時計ばかり買ってどうするのと言われそうだが欲しいのである。
女性がやたらとハンドバック買いあさるのもこういう欲望に突き動かされてのことだろうか。

|

« 時計全般 | トップページ | コレクションの希望 »

とけい・とけい」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コレクションの志向:

« 時計全般 | トップページ | コレクションの希望 »