« あ、しまった | トップページ | 精工舎TIMEKEEPER(2) »

精工舎TIMEKEEPER

Timekeeperface 日本で作られた最初の懐中時計がTIMEKEEPER20型(または22型)らしいがこれはTIMEKEEPERの18型である。ちょっと小さいタイプだ。20型が明治29年ごろに対し18型は34年くらい。ここからさらに20型を探す気力はさすがに無い。
これも時計合わせは竜頭引きではない。向かって左側にボタンのようなものがあるが、これを押すことで時刻合わせを行う。カニ目とかダボ押しとか言うらしい。

|

« あ、しまった | トップページ | 精工舎TIMEKEEPER(2) »

とけい・とけい」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 精工舎TIMEKEEPER:

« あ、しまった | トップページ | 精工舎TIMEKEEPER(2) »